メジャー 2 吾郎 死亡。 茂野吾郎が最後に死亡は【嘘】 メジャーアニメ

茂野吾郎が最後に死亡は【嘘】 メジャーアニメ

メジャー 2 吾郎 死亡

ワールドシリーズを制して数年後に投手として再起不能に陥ってからは野手に転向し、『2nd』では各国に渡って現役生活を送っている。 さらに 海堂の嫌がらせで野球部の無い高校に転校する羽目に。 背番号 6。 二軍打線を7回途中まで無失点に抑えていたが寿也に逆転2ランホームラン(アニメ版では同点ソロホームラン)を被弾し、降板した。 小学生編 自分の抱えている劣等感や繊細で傷つきやすい一面を姉や母親に理解してもらえなかったことや、味方からの無神経なヤジもあってか捻くれた性格となっており、睦子や光等の好意的な感情も素直に受け入れられずにいたが、光との出逢いを機に、心境に変化が現れ始め、紆余曲折ありながらも再び野球と向き合うことを決め、三船リトルに再入団する。 右足の限界が近づいた試合終盤では、ストライクゾーン内に投じる描写も見られた。

次の

茂野吾郎が最後に死亡は【嘘】 メジャーアニメ

メジャー 2 吾郎 死亡

そんな大吾をみて、サクラは大吾を励まします。 前述の2年秋に2年5名・1年3名の計8名で横浜帝仁高校との練習試合に勝利後、屋上にグラウンドを作るが顧問の山田は吾郎を含む部員に内緒で父・英毅にコーチを依頼する。 推薦で海堂学園高校に入学。 、2回• 高校3年生時、県大会ベスト8• 聖秀戦で敵チームとして再会した時も吾郎に好意的だった。 W杯観戦のための渡米を仕事の都合で断念した。 剛速球とが武器。 長男・大吾の現状は薫を通じて把握しており、大吾が光の影響で捕手をすることになった際には寿也にコーチを依頼している。

次の

【MAJOR】悲運の大エース茂野吾郎の魅力を徹底解剖!【メジャー】【MAJOR(メジャー)】

メジャー 2 吾郎 死亡

年長者による高圧的な態度を嫌い、当初は横浜リトルの樫本や海堂三軍の乾に対しても、不快な第一印象を抱いていた。 日本プロ野球編 ワールドシリーズ制覇後もメジャーで活躍していた吾郎だったが、左肩を故障し、治療の甲斐なくホーネッツから解雇通告を受ける。 二軍昇格後の特待生組との歓迎試合では、途中登板した吾郎が特待生打線を抑えたことで浮かれ気分になっていたナインをたしなめたり、当初は特待生チームが手を抜いていたことや、吾郎と眉村の直球がジャイロボールであることを見抜くなど、鋭く状況を分析したりと夢島ナインの引き締め役も担っていた。 小学校6年生まで母に振り回される形でサッカーや勉強に取り組むも、長続きせずゲームばかりしており、野球をやりたいという気持ちこそ完全には無くなってはいなかったものの傷つくことを恐れて物事に対して逃げ腰になっていた。 高校卒業後は地元の大学(アニメでは日本教育大学)に進学して野球を続けている。 セレクションを受けた自分からすればこんなものは屁でもない。 背番号 2(リトル〜高校)・ 23(大学)。

次の

【MAJOR】悲運の大エース茂野吾郎の魅力を徹底解剖!【メジャー】【MAJOR(メジャー)】

メジャー 2 吾郎 死亡

でも前に書いたように単行本20巻に掲載予定の話に吾郎は登場しています。 「 ナイスゲーム!夏はすぐそこだ!落ち込んでるヒマはねーぜ大吾!」という書き置きだけが大吾の机の上に残されていました。 吾郎を幼稚園の外の私生活でも面倒を見ており、吾郎も、大好きな野球と同等以上に慕っていた。 この試合の中で、「に挑戦している吾郎が羨ましい」と思っている描写があり、将来は自身もメジャーへ行きたいと思う。 少年野球団に入り野球をするようになるが、実父の英毅も兄の吾郎もプロ野球選手ということと自身の実力とのギャップが心の重荷になっている事に嫌気が差し、辞めたがっていた。

次の

【MAJOR】悲運の大エース茂野吾郎の魅力を徹底解剖!【メジャー】【MAJOR(メジャー)】

メジャー 2 吾郎 死亡

このときも四国の独立リーグのチームに所属しているものと思われます。 のちに光もチームに復帰し、1回戦での奮闘ぶりを見たチームメイトからも仲間として認められた。 その後、リトルリーグ編でもわずかながら登場した。 清水大河は教え子だったようであり、樫本によって大河の特色が語られた。 メジャーリーグ編では、上記の小森同様、吾郎のいるホーネッツの優勝決定戦をトレーニングしながらラジオで聴いていた。 その際静香から江頭の圧力が及ばずに吾郎が野球を続ける唯一の手段として野球部のない高校へ編入し、吾郎自身の手で野球部を創設することを勧められる。 後ろ髪の跳ねた長髪が特徴。

次の

MAJORの登場人物

メジャー 2 吾郎 死亡

・横浜マリンスターズ(アニメ版では横浜ブルーオーシャンズ)の選手。 幼少期には母・ 本田千秋を病気で亡くし、さらに幼稚園時代にはプロ野球選手でもあった父・本田 茂治を試合中の事故で亡くし、幼くして茂治の婚約者だった星野桃子が義母になり育てられます。 背番号 15。 吾郎 『元気にしてたか、大吾?』 久しぶりに会ったおとさん。 背が高く面長で、癖毛とたらこ唇が特徴。 「理解していても、自分には後先のことを考えられるだけの思考はない」「目の前のことに全力になれないようでは、先があっても同じことに過ぎない」と述べ、目の前にある目標の達成のために、今後のことを犠牲にしてでも全力を注ぐ。

次の