ドナウ 川 の さざ波。 ドナウ川のさざ波 ワルツ名曲解説と試聴

『ドナウ河のさざ波』歌詞と解説(作曲:ヨシフ・イヴァノヴィチ)

ドナウ 川 の さざ波

この橋は、皇帝の時に、ドナウ北岸のへ侵攻するために建設されたもので、翌106年にダキアはローマ帝国に占領され、となった。 ハンガリーから続く平原地帯はベオグラードのやや下流で終わり、やがてセルビアとの国境となる。 第二次世界大戦後には上流域の一部を除くほとんどが化し、の影響下におかれ、西側諸国の航行は困難となった。 。 ウィーンはの居城として長くドナウ上流地域の中心であった町であり、また市民生活もドナウ川と密接に結びついていた。

次の

ドナウ川

ドナウ 川 の さざ波

これはローマ神話のある河神の名である。 また、この時期はの進展する時期であり、二重帝国内においては新しく登場した機械や技術を利用してドナウ川の開発・改修がすすめられた。 日刊建設工業新聞社 2018年1月17日• これらの境界はヨーロッパのと呼ばれている。 ブルガリア領の北岸で、ドナウは大きく北へ流れを変えてルーマニア領内へと入る。 は解体し、旧二重帝国領のドナウ沿岸にはオーストリア共和国、、ハンガリー、の4つの新独立国が誕生した。

次の

ドナウ川のさざ波 ワルツ名曲解説と試聴

ドナウ 川 の さざ波

この河川改修工事はハンガリー内においても大規模に行われ、ドナウの流れは直線的に改修され、洪水も激減した。 1880年に作られたこの曲は、同時期に活躍していたワルツ王、ヨハン・シュトラウス2世(1825-1899)の優雅で明るい 「美しき青きドナウ」とは対照的な、哀愁を帯びたロマンチックなワルツです。 カララシからやや北東に位置する東岸ので、ドナウ-黒海運河と接続する。 中世から近世 [ ] 、によって圧迫された西がドナウ川を渡り、ここにがはじまった。 :『ドナウ川の花』(Donau Blumen)• にはオスマン宗主権下のとが連合し、にが成立。

次の

『ドナウ河のさざ波』歌詞と解説(作曲:ヨシフ・イヴァノヴィチ)

ドナウ 川 の さざ波

しかし分割されたをめぐって争いが絶えなかった上、それまで統合されていた広大な領域が分割されたためにが崩壊し、ドナウ連邦の考え方はほぼ消滅してしまった。 この「」にはドナウ川の真の源泉である旨の説明版がある。 19世紀に入ると上流・中流部のオーストリア領ではの動きが強まり、1848年にはが勃発するなど体制が動揺を続けた。 ドナウ川は二重帝国を結びつける大動脈となり、この事からその当時のを「 ドナウ帝国」と呼ぶこともある。 結局この崩壊の衝撃から立ち直ることが出来ない侭、不安定な国際情勢が続き、結局のによってオーストリアがドイツにされたのを皮切りに、沿岸諸国は次々とのに下って行くこととなった。 :歌曲『ドナウ川の上で』(D553)• :ワルツ『ドナウ伝説(ドナウの歌)』(作品233)• にはブダとペストの間にはじめてが架けられ、にはブダとペストが合併して市が誕生し、ハンガリーの中心として栄えた。

次の

ドナウ川

ドナウ 川 の さざ波

歴史 [ ] 古代 [ ] トラヤヌス橋の想像図 はからまでのドナウ川を知っており、 イストロス川と呼んだ。 近代 [ ] 第二次ウィーン包囲の失敗によるのによって中流域はオーストリアに割譲され、には大まかに上流・中流部が家のオーストリア領に、下流部がオスマン帝国領となった。 ドイツ語では以前は Tonach, その後は Donaw の名が使われ、現在に至る。 だがその一方で、同河川の東岸エリアの国々においては『法の支配の尊重』という意識が低い点から「法の支配を支える機関への政治的圧力や汚職がそれを妨げている」と指摘する声が多く、特にハンガリー政府と欧州委員会はその点を巡ってこれまで何度も衝突して来ている為、今後の進展は同エリアの出方に掛かっているとも捉えられる面がある。 にはを公としてオスマン宗主権下のが成立した。 ブダとペシュトの間には、にがかけられて以降、何本かの橋が架けられているが、なかでもセーチェーニ鎖橋はその美しさでブダペストのシンボルの一つとなっている。 片や上流域は領となり、この地におかれた領が日ならず強大化していった。

次の

ドナウ川のさざ波 ワルツ名曲解説と試聴

ドナウ 川 の さざ波

ここではを貫流することとなり、穏やかな流れが続く。 ドナウ川 延長 2,860 平均流量 6,400 流域面積 817,000 水源 () 水源の標高 678 河口・合流先 () 流域 (28. これによりロシア帝国は再びドナウ沿岸に領土を持つこととなった。 一方、から排除されたオーストリアはを強め、にはオーストリア帝国はをと結んで(二重帝国)へと改組された。 を抜けた後、を起点として、30kmほどと呼ばれる景勝地が続く。 1829年には、に勝利したロシアがでを領有し、ドナウへと進出する足掛かりを得た。

次の

ドナウ川

ドナウ 川 の さざ波

ドナウ委員会公式サイト 2014年12月7日閲覧• ちなみに写真は、ドイツ南部の都市ウルム(Ulm)を流れるドナウ川。 黒海周辺には、、、など、同様の単語から派生したと見られる川の名が多数ある。 ローマ帝国東西分裂後は、下流はの北部国境となったものの、やがてがこの地域を奪取し、を建てた。 同年にが設立されると、ドナウ川は東側諸国との国境という位置付けで重要視されることになった。 その下流でから流れてきたを合わせたのち、で北からの、南からのと合流する。 1889年に開催されたパリ万国博覧会で演奏され、世界的に有名になった。

次の

『ドナウ河のさざ波』歌詞と解説(作曲:ヨシフ・イヴァノヴィチ)

ドナウ 川 の さざ波

中流 [ ] エステルゴム大聖堂 「ハンガリーの門」の名の通り、ここから下流はハンガリーに属するものと古来されてきた。 ドナウ川が流れる各国の中でも、国土の中央部を貫流するのはハンガリーのみである。 東欧革命は沿岸諸国内の動揺を齎し、にはがユーゴスラビアから、とがソヴィエト連邦から独立し、にはによってチェコスロバキアが解体し、スロバキア共和国が成立。 国際流域での水の分配をめぐる係争と協調 - 中山幹康 東京地学協会 2012年12月31日閲覧• またルーマニアも、黒海に面するの領有を認められた代わりに、ロシアに(ブジャク)地方の割譲を余儀なくされた。 ハンガリーの首都、は「ドナウの真珠」とも呼ばれる美しい都市であるが、かつて西岸のブダと東岸のペシュトの二つの街だったものが合併したもので、そのためドナウ川は街の中央部を流れることとなっている。 河口にはが広がる。

次の