世界 陸上 男子 400 メートル リレー。 400メートル競走

日本銅メダル!男子400Mリレー選手はイケメン揃い!?【世界陸上】

世界 陸上 男子 400 メートル リレー

伝統的な手法であるが難易度が高く、形だけを完成させるにも熟練を要するため徐々に使われなくなっていった。 「日本記録の変遷」『八十年史』1995-09-04発行、 48頁。 但しロンドンオリンピックにて北京オリンピックの記録を上回っていることから世界記録保持者であることは変わらない。 。 また、中学校や高等学校の体育祭などでは 400メートル走と呼ばれることもある。 男子の走り高跳び決勝は地元カタールのムタズエサ・バルシムが2メートル37で2連覇し、400メートルはスティーブン・ガーディナー(バハマ)が43秒48で初制覇した。 と同じく外枠のレーンが有利である。

次の

400メートル競走

世界 陸上 男子 400 メートル リレー

( 2015年7月) 400メートル競走(400メートルきょうそう、: 400 metres)は、400をいかに短い時間で走るかを競うのトラック種目の一つである。 第1走者から第4走者までの4人で100mずつバトンを渡しつないで走り、そのタイムを競うものである。 この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 世界歴代10傑 [ ] 男子 タイム 名前 所属 日付 1 43秒03 2 43秒18 3 43秒29 4 43秒45 4 43秒45 6 43秒48 7 43秒50 8 43秒64 () 9 43秒65 10 43秒72 女子 タイム 名前 所属 日付 1 47秒60 10月6日 2 47秒99 8月10日 3 48秒14 () 4 48秒25 7月29日 5 48秒27 10月6日 6 48秒37 2019年10月3日 7 48秒59 () 8月10日 8 48秒63 7月29日 9 48秒70 9月16日 10 48秒83 8月6日 エリア記録 [ ] 男子 エリア タイム 名前 所属 場所 日付 43秒03 43秒93 44秒33 43秒18 44秒15 () 44秒38 女子 エリア タイム 名前 所属 場所 日付 49秒10 48秒14 () 47秒60 48秒37 ドーハ 2019年10月3日 49秒64 48秒63 ジュニア世界歴代10傑 [ ] 男子 タイム 名前 所属 日付 1 43秒87 9月28日 2 44秒22 5月21日 3 44秒25 8月14日 4 44秒27 7月5日 5 44秒36 9月8日 6 44秒45 5月27日 7 44秒66 10月20日 8 44秒66 5月7日 9 44秒69 () 7月24日 10 44秒73 () 7月2日 女子 タイム 名前 所属 日付 1 49秒42 8月27日 2 49秒77 5月9日 3 49秒88 Salwa Eid Naser 9月1日 4 49秒89 7月17日 5 50秒01 10月18日 6 50秒06 () 8月6日 7 50秒19 7月10日 8 50秒46 () 5月18日 9 50秒50 () 7月13日 10 50秒59 () 8月5日 ユース世界最高記録 [ ] 男子 タイム 名前 所属 場所 日付 44秒84 Justin Robinson 女子 タイム 名前 所属 場所 日付 50秒01 アジア歴代10傑 [ ] 男子 タイム 名前 所属 日付 1 43秒93 8月23日 2 44秒07 7月21日 3 44秒36 8月14日 4 44秒56 () 8月12日 5 44秒60 4月9日 6 44秒61 () 7月20日 7 44秒64 8月27日 8 44秒66 8月30日 8 44秒66 10月20日 10 44秒78 6月16日 女子 タイム 名前 所属 日付 1 48秒14 サルワ・イード・ナセル 10月3日 2 49秒81 9月11日 3 50秒01 10月18日 4 50秒39 Du Xiujie 8月18日 5 50秒52 7月6日* 6 50秒68 6月5日 7 51秒00 Nina Kravchenko 8月30日* 8 51秒05 8月30日 9 51秒05 6月16日 10 51秒11 Adekoya Oluwakemi Mujidat 9月27日 *記録を出した当時はソビエト連邦 日本歴代10傑 [ ] 男子 タイム 名前 所属 日付 1 44秒78 TC 1991年6月16日 2 45秒03 2000年9月9日 3 45秒05 2000年9月9日 4 45秒13 2019年10月3日 5 45秒16 2009年5月9日 6 45秒18 2003年10月29日 7 45秒33 1998年5月9日 8 45秒44 1999年5月13日 9 45秒48 2017年6月23日 10 45秒50 2003年6月7日 女子 タイム 名前 所属 日付 1 51秒75 ナチュリル 5月3日 2 52秒52 6月8日 3 52秒85 9月2日 4 52秒95 5月24日 5 53秒05 ナチュリル 5月3日 5 53秒05 6月27日 7 53秒08 6月30日 8 53秒10 ニッポンランナーズ 5月3日 9 53秒14 6月27日 10 53秒17 6月8日 学生歴代10傑 [ ] 男子 タイム 名前 所属 日付 1 45秒03 2 45秒16 3 45秒18 4 45秒35 5 45秒44 森田真治 6 45秒48 7 45秒50 8 45秒58 9 45秒63 伊藤友広 10 45秒71 10 45秒71 女子 タイム 名前 所属 日付 1 51秒80 2 52秒85 3 53秒22 4 53秒27 広沢真愛 5 53秒37 岩田優奈 6 53秒40 7 53秒40 8 53秒47 8 53秒47 田中千智 10 53秒50 ジュニア日本歴代10傑 [ ]• ) 脚注 [ ]• 通常やのトップ選手が参加することが多いが、障害走ながらほぼ同じ距離を走る男子の選手や、女子では同じ距離を走るの選手が起用されることも多い。 関連書籍・DVD [ ]• 池田向希(東洋大)は1時間29分2秒で6位、高橋英輝(富士通)は10位だった。

次の

400メートル競走

世界 陸上 男子 400 メートル リレー

が1991年400mで決勝進出を果たして45秒39で7位入賞。 レースには瞬発力だけでなく、フィニッシュまでできる限りスピードを落とさずに走りきるも必要である。 バトンを受け渡す際に落としてしまった場合、レースを続行することはできるが、基本的に挽回は絶望的なレースとなる。 1992年400mでも決勝進出、日本のオリンピック短距離選手として1932年の以来となる60年ぶりのファイナリストとなり45秒18で8位入賞の成績を残した。 中国 [ ] では日本と競争相手にあるのがである。 中でも1932年ロサンゼルスオリンピックでは決勝進出を果たし、アジア勢初の5位入賞を果たした。 アメリカ [ ] ロンドンで金メダル、リオデジャネイロでは予選で一度は失格になったが抗議の結果からの妨害が認められ、アメリカだけの再レースで予選総合8位だった中国の記録を上回り決勝へ進出。

次の

400メートル競走

世界 陸上 男子 400 メートル リレー

加えて跳躍競技(主にと)の選手でも短距離走を得意とする場合はリレーメンバーに選ばれ、大きく貢献することもある(日本では、世界ではや、などが該当する)。 日本 [ ] 日本女子はオリンピックの出場枠が得られる上位16位に入れるかどうかのレベルで、でリレーメンバーが大会中にショッピングに勤しんだことを理由に以後暫く代表を派遣させてもらえなかった経緯もあり、まで代表チーム自体の派遣がないなど、男子ほどの活躍は見られなかったが、 2009年、2011年と日本記録を更新し、で以来48年(12大会)ぶりに出場した。 ブラジル かつて北京五輪やリオデジャネイロ五輪で入賞するなどの功績は持っていたが、2019年ので優勝を果たし、では37秒台に突入するなど急成長を遂げた。 (2017年にが100m9秒台を出しているが、やでメダルを獲得した当時は)100m10秒を切る選手がいない中での好成績に世界のトップアスリートも関心を持ち、、オリンピック3大会連続2冠 100m、200m ・2大会連続3冠 100m、200m、400mリレー のは「日本はチームワークがいい。 一年中一緒にレースするからチームワークもよくなるんだろう」と述べるなど、チームワークのよさとバトンの受け渡しのよさを絶賛している。 関連項目 [ ]• 同50キロ競歩の鈴木雄介(富士通)に続く今大会日本勢2人目の優勝。

次の

400メートル競走

世界 陸上 男子 400 メートル リレー

全体3番目のタイムだった。 ちなみにメキシコシティーオリンピックの日本代表は、短距離走の選手はのみで、残り3名(、、)が走幅跳の選手で構成されるという珍しいチーム編成であった。 そのためレースは大変過酷なものとなり、初心者ではゴール後に倒れて呼吸困難に陥ったり、嘔吐するなどの光景も珍しくない。 2大会連続の金メダルを獲得している。 第2走者以降は予選と同じ順番だった。 陸上トラックをちょうど1周する。 から競技に復帰する。

次の

400メートル競走

世界 陸上 男子 400 メートル リレー

「日本記録の変遷」『八十年史』1995-09-04発行、 57頁。 第二走者以降はリレーゾーンで加速するため、単純に100mの記録を4倍した数値や選手4人のタイムを合計した数値よりも速い記録が出る。 但しこれは多くの大会の場合、彼らの本職であるの決勝と本種目の予選が同一日(最終日の前日)に重なっており、たとえ2、3時間の間隔が開いていてもかけもちが難しい(スタッフも無理をさせたくないのが本音と思われる)という日程面の影響もある。 しかしボルトは数歩目に足を痛め途中棄権。 比較的容易に習得でき、バトンパスで双方の走者がバトンの両端を持って渡せるために走者の間隔を大きく取り距離を稼ぐ事ができる。 のメダリストも外枠(4-6レーン)の選手が多数を占める。

次の

400メートル競走

世界 陸上 男子 400 メートル リレー

世界選手権では日本通算6人目の金メダリストとなった。 2016年1月11日閲覧。 概要 [ ] 個人競技が大勢を占める陸上競技の中では数少ない団体競技の一つ。 樹立年の12月31日時点で年齢が20歳未満であるジュニア選手のみが対象となる。 そのため、補欠メンバーとして起用されることが多い。 イギリス [ ] は2004年のアテネオリンピックで金メダルを獲得、地元開催となったではヨーロッパ新記録となる37秒47で金メダルを獲得、ではヨーロッパ記録をさらに更新する37秒36で銀メダルを獲得、国別歴代ランキングでは3位に位置している。

次の