ハーフ ジゴキシン。 ハーフジゴキシンKY錠0.125

ハーフジゴキシンKY錠0.125の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

ハーフ ジゴキシン

心筋の収縮に必要なカルシウムを細胞内に取り込むことで、心臓の収縮力を強くします。 ジゴシンは主に骨格筋に分布します。 リスクを回避するために少ない量から投与を開始して、ジゴシンの血中濃度を測定し、心電図を撮り異常が出ないかチェックしながら慎重に投与します。 • 発熱症状はとりわけ注意が必要です。 食事もあまりとれていなかった。 【検査】• 身体に体液が溜まれば「浮腫」となりますし、肺に水が溜まれば「肺水腫」となり呼吸苦の原因となります。

次の

ハーフジゴキシンKY錠0.125

ハーフ ジゴキシン

医師の指示を必ずお守りください。 成人では半減期が36~48時間であるのに対して、乳児(1歳未満)では20時間、幼児(1歳以上7歳未満)は40時間です。 腎疾患の肺水腫• カルシウム拮抗薬とジゴシンはいずれも脈拍数を下げる効果があるため、 頻脈性不整脈のレートコントロールを目的として使用します。 1、ジゴキシン濃度4. 以下がP糖タンパク質(薬の排泄に関わる機構)を阻害する薬剤です。 2.ジギタリス中毒の患者[中毒症状が悪化する]。 ジゴシンの投与によって腸間膜の血管に血液が行き届かず、腸管が壊死してしまうことがあります。

次の

ハーフジゴキシンKY錠の効果と副作用【心不全治療薬】

ハーフ ジゴキシン

症状によっては、水分や塩分の摂取制限、運動制限が必要です。 心不全• 0mg、以後0. 今般、【薬の副作用から見える医療課題】として疾患ごと主な副作用・副反応の症状ごとに過去のトピックスを整理・精査し直してまとめ連載していきます。 このときの反応が嘔吐中枢に伝わり吐き気を誘導すると考えられています。 38、血中濃度1. 副作用を避けるため、ジゴシンを服用中の患者さんへカルシウム注射剤を投与するときは、急激にカルシウム濃度を上昇させないように、少ない量から徐々に投与していく必要があります。 内服薬は腎機能を示す指標である血清クレアチニン値(Ccr)によって減量基準が設けられています。 また、本剤はP糖蛋白質の基質であるため、本剤の血中濃度はP糖蛋白質に影響を及ぼす薬剤により影響を受けると考えられる。 ジギタリス中毒の患者[中毒症状が悪化する]。

次の

ジゴシン(ジゴキシン)の作用機序:心不全治療薬

ハーフ ジゴキシン

これにより、心筋収縮力が増大し、心臓の働きが弱くなっている状態を改善させることができます。 ハーフジゴキシンは利尿作用によって、余分な体液を尿として身体の外へ出してくれるため、これも心不全症状の改善に貢献します。 ・ジギタリス中毒の患者 すでにジギタリス中毒の患者さんが服用すると症状を悪化する可能性があるため禁忌となっています。 その他、不整脈が出現した場合は抗不整脈薬を使用したり、電解質異常が出現した場合にはカリウムやカルシウムなどの電解質を補給することで改善したりします。 中毒によっておこる不整脈と鑑別ができないおそれがあるため、注意が必要です。 John's Wort,セント・ジョーンズ・ワート)を含んでいる食品を摂取するときは注意が必要です。

次の

ジゴキシン:ジゴシン

ハーフ ジゴキシン

ジゴシンが母乳へ移行する量はとても少ないことが知られています。 07、ジギタリス中毒と推測し中止。 5〜1. しかしメリットもあるお薬であるため、他の心不全治療薬で充分な効果が得られなかった患者さんに対して検討されるお薬だと思われます。 ジギタリス薬は、量が多いと中毒を起こし、命にかかわる重い不整脈を誘発します。 心不全に用いるお薬には多くのものがあり、その作用や特徴はそれぞれで違いがあります。 また、心不全による呼吸困難を心臓喘息と呼ぶことがあります。

次の

ジゴシン(ジゴキシン)の作用機序:心不全治療薬

ハーフ ジゴキシン

抗コリン剤 アトロピン系薬剤、プロパンテリン等 [本剤の作用を増強することがあり、ジギタリス中毒の症状 嘔気・嘔吐・不整脈等 が現れることがあるので、消化器・神経系自覚症状、心電図、血中濃度測定等必要に応じ観察するとともに腎機能、血清電解質 カリウム、マグネシウム、カルシウム 、甲状腺機能等の誘因に注意する 腸管運動を抑制し、滞留時間が延長されるため、本剤の吸収が増大し、血中濃度が上昇するとの報告がある ]。 他にも下記の患者さんには投与禁忌です。 ・腎疾患の人 ジゴシンは腎臓によって排出される薬です。 06~0. 5mgを6〜8時間毎に経口投与し、十分効果の現れるまで続ける。 そのほかにも、飲み合わせに注意する薬がたくさんあります。 ジゴキシン錠 0. 125mg」で服用します。

次の

ハーフジゴキシンKY錠0.125

ハーフ ジゴキシン

・不整脈治療薬 抗不整脈薬はジゴシンの腎臓からの排泄を抑制することで、ジゴシンの血液中薬物濃度を上昇させ、効果を増強することがあります。 ジギタリスは中毒域に注意すべきお薬であるため、その後「もっと細かく用量調整できるように多くの剤型があった方が良い」と考えられ、半量の製剤が発売されました。 ハーフジゴキシンは半減期が約22~30時間ほどのお薬です。 動物の生殖試験において胎児に催奇形性や胎児毒性もしくは有害作用があることが知られています。 ジゴキシン:ジゴシン スポンサード リンク 成分(一般名) : ジゴキシン 製品例 : ジゴシン錠0. 125mg、徐脈症状の発現あり、脱水傾向BUN53. ・作用機序は不明だがジゴシンの作用を減弱 明確には理由はわかっていませんが、下記の薬剤はジゴシンの作用を弱くするので注意が必要です。 高血圧症のうっ血性心不全• 25~0. 用法・用量に関連する使用上の注意 飽和療法は過量になりやすいので、緊急を要さない患者には治療開始初期から維持療法による投与も考慮する。

次の

【新連載】14.ジゴキシン(強心剤)の注意すべき副作用

ハーフ ジゴキシン

このような考えにより、心筋細胞内のカルシウム濃度を高め、心臓の働きを改善させる薬がジゴキシン(商品名:ジゴシン)です。 エトラビリン[本剤の作用を増強することがあり、ジギタリス中毒の症状 嘔気・嘔吐・不整脈等 が現れることがあるので、消化器・神経系自覚症状、心電図、血中濃度測定等必要に応じ観察するとともに腎機能、血清電解質 カリウム、マグネシウム、カルシウム 、甲状腺機能等の誘因に注意する P糖蛋白質阻害作用により、本剤の血中濃度が上昇するとの報告がある ]。 この薬による中毒症状かもしれません。 5.ジゴキシンの用法・用量と剤形 ジゴキシンは次の剤型が発売されています。 また全身に送れない分の血液は、身体のどこかにどんどんと溜まってしまうため、全身のむくみや肺水腫(肺に水が溜まる状態)が生じます。 しかし、ある種の薬は「体内で吸収される過程」「薬が体中に行きわたる過程」「薬が代謝・不活性化させる過程」による影響により、2種類の半減期をもつことがあります。 5).ジギタリス中毒の症状を不顕化する恐れのある薬剤:制吐作用を有する薬剤(スルピリド、メトクロプラミド、ドンペリドン等)[ジギタリス中毒の症状<悪心・嘔吐・食欲不振等>を不顕化する恐れがある(これら薬剤の制吐作用のため、本剤の中毒症状が判別しにくくなる)]。

次の