趣味 人 倶楽部。 7割が50歳以上のSNS「趣味人倶楽部」

“おとな世代”だってSNSを活用して交流を楽しんでいる――「趣味人倶楽部」が50代・60代に人気

趣味 人 倶楽部

現在株式会社オースタンスが運営をしています。 初めて会った方々でしたが、今まで濃密なやり取りをしていたため、初めてとは思えないほど楽しい時間を過ごせました。 どんなシニアにリーチできるか? 趣味人倶楽部の利用者を見ると、会員の約40%が4半期に1回以上、国内旅行するなど旅行への関心が高く、アクティブシニアと呼ばれる方々が多いのが特徴です。 「日記」の内容は、ニュースなど時事ネタ、旅行やお出かけ、日常の話や住まいについて、スポーツやアートなど幅広いカテゴリーについての投稿があります。 「ご感想をいただきありがとうございます」といった挨拶で始まるリプライや、自分のページへのアクセスに対して「ご訪問いただきありがとうございます」とお礼の言葉を送る例も珍しくありません。 今後は、オースタンスが目指す世界の実現に向けて、同じチームの一員として一緒に邁進できることを非常に嬉しく思います。 今や60代以上でも多くがパソコンやスマートフォンを使いこなす時代、いわゆる一般的な「シニア」の印象とは程遠い方々が、アクティブに趣味に励んでいます。

次の

中高年に人気の「趣味人倶楽部」登録からログイン方法まで分かりやすく解説

趣味 人 倶楽部

自分の身近に、同じような趣味をもつ人がいなくて寂しい大人世代の方々には、心強い存在ですね。 趣味人倶楽部に入ったことで、これまで行ったことのない場所に行くことができました。 話題ごとにアクセス数やコメント数を集計しています。 月に2000件ほど実施される実際に会うオフ会 このサイトの大きな特徴は、実際に集まって対面する「オフ会」が頻繁に行われることで、サイト開設10年の現在も月約2千件のオフ会が催されます。 会員が日ごろ接している新聞や雑誌とトンマナ(トーン&マナー:全体の雰囲気に合わせること)が逸脱していないかを意識している」。 「趣味で交流したいという目的が明確になっているので、ツールに対して敷居を感じていない。

次の

趣味人倶楽部とはどんなメディア?シニア向け施策に最適な理由とは

趣味 人 倶楽部

更に、34万人を超えるシニア会員基盤を活用し、新しいシニアサービスの開発を強化します。 多様なコミュニケーションを実現 このサイトの機能は、日記・フォト・コミュニティ・イベントと大きく4つのパートに分けることが出来ます。 <コメント> 今後日本が向き合う課題に対して、明るく楽しいアプローチで解決していこうとするオースタンス社と菊川さんの考え方に強く共感し、一緒の船で応援させて頂くことにしました。 開始した2007年当時、DeNAの主力事業は若年層向けの「モバゲータウン(現在のMobage)」や30代向けのEコマースでしたが、さらに上の年齢層にもインターネットの便利さ・楽しさを知っていただきたいという思いがありました。 一般的におとな世代になると、介護、仕事、体調、引っ越しなどで友達との交流が減ってくるものだ。 「コミュニティ」のパートでは、特定の分野に関心を寄せる利用者達が参加して、分野ごとにコミュニティを作り、その中でオリジナルの情報を交換し合います。

次の

7割が50歳以上のSNS「趣味人倶楽部」

趣味 人 倶楽部

会員様であればどなたでもご参加可能です。 実際、どれくらいの頻度でオフ会に参加されているのでしょうか? 昔は毎週1〜2回、月に10回オフ会に参加したこともありました。 60歳以上の消費総額は2020年には106兆円規模と推計され、シニア市場は今後も増加し続ける成長産業です。 趣味人倶楽部のこれから 現在の年代別インターネット利用状況は、 60歳〜69歳のインターネットの利用状況は72. オフ会で初めて会えた瞬間は、大感激でした。 ーコミュニティ運営で工夫されていることはありますか? アンチエイジングさん(以下略):まず、コミュニティ掲示板に話題をこまめに作っていくことです。

次の

「趣味人倶楽部」を運営するオースタンスが、梅田裕真氏等からの資金調達を実施|株式会社オースタンスのプレスリリース

趣味 人 倶楽部

今回オースタンスに投資をさせてもらいましたが、学生時代からどんどん成長していく菊川くんに、常に多くの刺激と学びをもらっています。 もっともっとお話を聞いていたかったです。 更に、34万人を超えるシニア会員基盤を活用し、新しいシニアサービスの開発を強化します。 諸橋近代美術館の学芸員の小野様、牛尾様に普段では絶対に聞けないような解説を聞くことができ、大満足の数時間でした。 お互い、匿名性の世界観で生きて、その世界での友達を増やし、楽しんでいるのです。 一方、趣味人倶楽部の場合は新しいコミュニティに出会えますし、趣味仲間としての意味合いが強いので、趣味について深く話すことができます。

次の

趣味人倶楽部とはどんなメディア?シニア向け施策に最適な理由とは

趣味 人 倶楽部

トップページ画像に使っていた時期もあるが、会員から「そんな年じゃない」とお叱りのメールが届いて以来、使わなくなったという。 ー趣味人倶楽部で出会う方と、そうでない方との交流の違いはありますか? 趣味人倶楽部外での知人友人は、長く付き合ってきた方が多いので、歳月のフィルターがかかっています。 バロンさん 以下略 : 退職してから15年ほど経った後に、趣味人倶楽部を見つけて入会しました。 Zoomがなければ、絶対に体験できない催しだったと思います。 その中で趣味人倶楽部がどのように進化していくのでしょうか? 趣味人倶楽部のこれからにご注目ください。

次の