じゃがいも 種類。 ヨーロッパのじゃがいもの8種類まとめ|イギリス・フランス・スウェーデン産はどれ?

じゃがいも(馬鈴薯)の種類とそれぞれの特徴まとめ

じゃがいも 種類

形が小さくて、肉質が濃黄色なのが特徴です。 料理をするときに知っておきたい特徴としては、男爵いもよりももっと質感がやわらかく、煮崩れしやすいというもの。 糖質なので煮くずれしにくいメークインですが、 強い火力で煮たり、食塩を添加したあとで加熱し続ける、何度も火を通すと煮くずれてしまいます。 「男爵」ほどではないですが多くの収穫が期待できる点では非常にすぐれています。 極度の粉質の為すぐに崩れてしまい、一般の調理には向かない• キタアカリは風味が良く、ビタミンCの含有量が多いのが特徴です。 それぞれどこのグループに分かれるかを理解し、特性を活かすことで料理が格段にうまくなります。

次の

北海道のじゃがいも♪おなじみの種類から珍しいものまでご紹介

じゃがいも 種類

「インカのめざめ」 果肉が鮮やかな黄色、ほくほくした栗のような食感。 htm ひかる サラダ用のポテトサラダです。 先に炒めておく じゃがいもを煮崩れさせないために、じゃがいもを先に炒めておきます。 肉じゃがやカレー、シチューの煮物に適してます。 形、味、食感ともにインカのめざめに似ており、加熱すると色がより鮮やかに。

次の

ヨーロッパのじゃがいもの8種類まとめ|イギリス・フランス・スウェーデン産はどれ?

じゃがいも 種類

インカのめざめよりちょっと大きめ。 切った後の黒変もあまりないので、加工用にも向いている とうやの植え付け時期 1月中旬~3月中旬 とうやの収穫時期 5月下旬~ とうやを使った料理• ホクホク感はあまりなく、しっとりとした食感が特徴なので煮崩れがしにくいため、煮物や炒め物などに向いています。 タネイモは実店舗では見かけないことも多いため、 インターネット通販で予約しておくと良いでしょう。 つぶしやすいじゃがいもの種類 男爵イモ こちらも一般的に安価で手に入りやすい主婦の味方。 このホクホク感を生かした料理としてコロッケがお奨めです。 また、大玉になりやすいため調理もカンタン。

次の

秋植え ジャガイモ 種類

じゃがいも 種類

一部淡赤色に染まっています。 また、じゃがいもの運搬中にじゃがいも同士が擦れてしまってそこから傷むことも考えられます。 しかし、栽培するのは「男爵」よりも難しいです。 イギリス原産で、イギリスの行事が名前の由来です。 収穫量が少ないため高値で流通されてます。 それだけ交配されて、新しいものが 作られてきました。

次の

ポテトサラダに合うじゃがいもの選び方は?茹で方や茹で時間も解説!

じゃがいも 種類

メークイン• 丸い形でごつごつして剥きにくいが、味は甘みがありホクホクとした食感。 日本には男爵薯やメークイン、キタアカリ以外にもインカのめざめやベニアカリ、とうや、さやかなどが栽培されています。 収穫量も多く多く、大いもになります。 もう少しこってりさせるなら、皮のまま1. 味は男爵いもで、丸い形だが皮が剥きやすいメークインの特徴を持っている。 ジャガキッズレッド アンデス赤に似ていて皮が赤く、肉質は黄色です。 果肉は男爵いもより淡黄色をしており、粘り気のある舌ざわりで甘味があります。 そのため健康によいじゃがいもとしても人気なんですよ。

次の

じゃがいもの品種で人気は?おすすめな種類のランキング7選

じゃがいも 種類

油で揚げた場合、綺麗なポテトチップスの色に 揚がります。 茹で上がったじゃがいもを熱いまま皮を剥きボールに移してフォークなどで潰し、冷ましながら水分を飛ばしていきます。 後述する「男爵イモ」や「メークイン」は受粉能力が低いので、花を放っておいても受粉して果実を実らせることは少ないのですが、例えば「きたあかり」という品種は受粉能力が高いので、 花を摘み取らないでいると実ができてしまうことがあります。 保存性は良いです。 じゃがいもで料理に加えて楽しめる野菜 じゃがいもには、様々な種類と、それぞれ違った性質をもっています。 名前のように、チップ用品種にされてきました。

次の

じゃがいもの品種ごとの特徴を徹底解説|栽培方法や適した調理法は?

じゃがいも 種類

煮物向きですが、 揚げものにも向いています。 何と言ってもまだら模様の表皮がインパクト大• 小ぶりのイモがころころとたくさんつきます。 名前からも分かるように黄金色の皮が特徴的で、味わいはクリーミーかつまろやか。 名前の通り、デンプン含有量がとても高く、このデンプンの量が吹雪を連想させることからこの名前がついています。 。

次の

じゃがいもの品種で人気は?おすすめな種類のランキング7選

じゃがいも 種類

ランキングは独断と偏見と、まあ多く出回っているのを人気として考えてみました。 肉質は粉っぽくサラサラとしており、炒めたり・蒸したりすると ホクホクした食感になります。 形は楕円形でくぼみが少なく皮が剥きやすい• こちらの関連記事もどうぞ• 7月:• じゃがいもを使ったおすすめのレシピ じゃがいものおすすめレシピ3選をご紹介します。 皮と中身、ともにビタミンCが多い。 強くこすると香ばしい皮がむけてしまうので、たわしやスポンジで軽く表面の汚れを除きます。

次の