お ぼっ ちゃ まん。 【移転】お一人様用スパゲティ専門店 ちゃっぷまん

おぼっちゃまくんの登場人物一覧

お ぼっ ちゃ まん

これは不公平である。 両親はそれぞれ六つ子で、父の名は一達(いったつ)、母の名は一子(いちこ)。 必殺技は、角で相手の肛門をつつく「ぜっこーもん」、学校の校門を引き抜いて攻撃する「がっこーもん」など。 赤シャツは気味の 悪 ( わ )るいように優しい声を出す男である。 人間は大概似たもんだ。

次の

夏目漱石 坊っちゃん

お ぼっ ちゃ まん

もっともうらなりとは何の事か今もって知らない。 忌々 ( いまいま )しい事に、いくら力を出しても、ぶつかる先が蚊帳だから、ふわりと動くだけで少しも手答がない。 アニメ版での声優が横山に決まった理由は、一時期、産休の神代の代役を務めた横山に対して、当時のスタッフが感謝の念を込めたものとされている。 怒玉切多堂(どたま きれたど) 怒玉勝悪の弟。 母が病気で死ぬ 二三日 ( にさんち )前台所で宙返りをしてへっついの角で 肋骨 ( あばらぼね )を 撲 ( う )って大いに痛かった。

次の

【移転】お一人様用スパゲティ専門店 ちゃっぷまん

お ぼっ ちゃ まん

ただ帰りがけに生徒の一人がちょっとこの問題を解釈をしておくれんかな、もし、と出来そうもない 幾何 ( きか )の問題を持って 逼 ( せま )ったには 冷汗 ( ひやあせ )を流した。 御坊家が茶魔のために使う金額は日本ののほぼ半分に匹敵し、月々の小遣いは1,500万円(後に2,000万に上がった)。 掛 ( か )ケ合うなら下宿へ掛ケ合えと 凹 ( へこ )ましてやった。 御坊茶魔之進(おぼう ちゃまのしん) 御坊家989代当主。 庭を東へ二十歩に行き 尽 ( つく )すと、南上がりにいささかばかりの菜園があって、 真中 ( まんなか )に 栗 ( くり )の木が一本立っている。 もう 懲 ( こ )り 懲 ( ご )りだ。

次の

【移転】お一人様用スパゲティ専門店 ちゃっぷまん

お ぼっ ちゃ まん

随分持てあました。 妙 ( みょう )なおやじがあったもんだ。 しかしもう少しで泣くところであった。 赤シャツの行く所なら、野だは必ず行くに 極 ( きま )っているんだから、今さら 驚 ( おど )ろきもしないが、二人で行けば済むところを、なんで 無愛想 ( ぶあいそ )のおれへ口を 掛 ( か )けたんだろう。 お助け軍団オーディションに合格し、お助け軍団の一員になった。

次の

【移転】お一人様用スパゲティ専門店 ちゃっぷまん

お ぼっ ちゃ まん

そんな大病なら、もう少し 大人 ( おとな )しくすればよかったと思って帰って来た。 ちと道楽にお始めなすってはいかがですと、飛んでもない 勧誘 ( かんゆう )をやる。 どうせ碌な所ではあるまい。 見るところでは 大森 ( おおもり )ぐらいな漁村だ。 顔へ付いた 奴 ( やつ )は枕で叩く訳に行かないから、手で 攫 ( つか )んで、一生懸命に擲きつける。 おれが馳け出して二間も来たかと思うと、廊下の真中で、 堅 ( かた )い大きなものに 向脛 ( むこうずね )をぶつけて、 あ痛いが頭へひびく間に、身体はすとんと前へ 抛 ( ほう )り出された。 バッタは擲きつけられたまま蚊帳へつらまっている。

次の

おぼっちゃまくんの登場人物一覧

お ぼっ ちゃ まん

大柄な体形をしている割には弱虫・泣き虫・甘えん坊。 それにもかかわらずあまりおやじを 怖 ( こわ )いとは思わなかった。 家族は妻の美佐子と太郎と花子という一男一女。 困ったって負けるものか。 どうも 狭 ( せま )い所だ。 ご苦労さま。 必殺技は、へけけ笑いが止まらなくなる光線「ヘケシウム光線」、自身にも危険が及ぶため滅多に使わない「ウル茶魔へぽーん攻撃」など。

次の

【移転】お一人様用スパゲティ専門店 ちゃっぷまん

お ぼっ ちゃ まん

仕方がないから部屋の中へはいって 汗 ( あせ )をかいて 我慢 ( がまん )していた。 くれてから二時間ばかりは小使を宿直部屋へ呼んで話をしたが、それも 飽 ( あ )きたから、寝られないまでも 床 ( とこ )へはいろうと思って、寝巻に 着換 ( きが )えて、 蚊帳 ( かや )を 捲 ( ま )くって、赤い 毛布 ( けっと )を 跳 ( は )ねのけて、とんと 尻持 ( しりもち )を 突 ( つ )いて、 仰向 ( あおむ )けになった。 君 釣 ( つ )りに行きませんかと赤シャツがおれに聞いた。 小林曰く、のとキャラクターが重なるとのことである。 汽車と汽船の切符代と雑費を差し引いて、まだ十四円ほどある。 清はおれの事を欲がなくって、 真直 ( まっすぐ )な気性だと云って、ほめるが、ほめられるおれよりも、ほめる本人の方が立派な人間だ。

次の

おぼっちゃまくんの登場人物一覧

お ぼっ ちゃ まん

おれは顔中ぼりぼり 掻 ( か )きながら、顔はいくら 膨 ( は )れたって、口はたしかにきけますから、授業には差し 支 ( つか )えませんと答えた。 元は身分のあるものでも教育のない婆さんだから仕方がない。 なるべく 勢 ( いきおい )よく倒れないと寝たような心持ちがしない。 おれは生れてからまだこんな立派な座敷へはいった事はない。 随分 ( ずいぶん )気楽な宿直がいるものだ。 但 ( ただ )し 狸 ( たぬき )と赤シャツは例外である。 それでも妙な顔をしているから「何を見やげに買って来てやろう、何が欲しい」と聞いてみたら「 越後 ( えちご )の 笹飴 ( ささあめ )が食べたい」と云った。

次の