あぐり 王国 北海道 next。 あぐり王国北海道NEXT

新着情報: HBC「あぐり王国北海道NEXT」にて2回連続で本学の最新技術が紹介されます

あぐり 王国 北海道 next

2017. その後、町内の醸造所で奥深い焼酎造りに触れて、味を確かめた植野編集長がじゃがいも焼酎に合う料理を披露します。 道産食材の多様な活用方法を研究している「道総研食品加工研究センター」で、あぐり一行は、数ある研究の中でも、レトルト技術、乳酸菌、小豆の活用を学びます。 2017. いっしょに学ぶのは、現在、酪農学園大学で農業を学ぶあぐりっこOBです。 最終回ではBS12側でもんすけTVを紹介するテロップが出されている。 みずみずしい味わいのスイカはまさに夏の風物詩です。 あぐりっこは驚きを隠せない様子です。 しかし、酪農で働く人の数は、 長期的に少しずつ減り続けています。

次の

春に蒔いた種が見事な稲穂に、妹背牛町期待の新品種「えみまる」のウマさに森崎リーダー絶叫!『あぐり王国北海道NEXT』

あぐり 王国 北海道 next

鍬や馬耕の農機具であぐり一行も土を起こし先人の苦労を体感、歴代のトラクターの見学や、最新トラクターの試乗も行い農業機械の歴史も学びます。 その狙いを教頭先生に伺いました。 「Yahoo! 青ちゃん 「肉から出た肉汁をカブに吸わせてあげます」 7 カブに焦げ目が付き全体的に透き通り 肉に火が通ったら完成です! リーダー「これいい〜〜」 青ちゃん 「鶏肉はスープを出してくれた脇役で カブが主役というイメージです!」 リーダー 「みずみずしい〜カブジュースすごい! もともとみずみずしいし、甘いんです。 訪問先: 2017年 11月25日 第453回 テーマ:ブルーチーズ 旭川から世界へ!若きチーズ職人が作るブルーチーズに注目! 今回のあぐり一行は、江丹別町でブルーチーズを専門に作っているチーズ工房・伊勢ファームを訪れます。 ノコガマで刈り取り、ニオ積みで自然乾燥された大豆を、から竿で脱穀するという今では貴重な作業を体験します。 31 TwellVサイトリニューアルいたしました. 6年生の男子2名のあぐりっこが、力仕事を元気にお手伝い。 遡ることおよそ1年前、北星学園女子中学高等学校とホクレンがタッグを組んだ商品開発がスタート。

次の

「「あぐり王国北海道NEXT」」

あぐり 王国 北海道 next

辺り一面雪に覆われた農地の中のハウス。 2015. 今回注目するのは、全国に誇る当別町自慢の花、「カラー」。 最後は、一足早いユリ根を使ったおせち料理に感激です。 訪問先: 2017年 4月1日 第424回 テーマ:てん菜・砂糖 トップパティシエが学ぶ!砂糖の原料、てん菜。 訪問先: 2019年 1月26日 第508回 テーマ:ケチャップ 農家のケチャップを学ぶ!北海道の恵みを通じて大切な人に感謝! 今回、あぐり一行は江別を訪れ、農家のお母さんが作るケチャップを学びます。

次の

札幌の女子中学生が1年がかりで商品開発、道産野菜を使ったアイデア料理完成までの道のりに密着!『あぐり王国北海道NEXT』

あぐり 王国 北海道 next

今回は森アナウンサー一人で滝上町を訪れ、手間暇をかけながら守り続けられているしそ油の採油を学びます。 早速、雪に埋まっているキャベツを掘り出すことになり、畑にはパワーショベルが登場。 2017. 授業はハイテク実習から生産者さながらのリアル実習が行われており、その内容を生徒の皆さんが紹介します。 有効活用で加工された伝統的食材とは!?そしてその食材を使った意外なレシピにも注目!!です。 訪問先: 2017年 5月27日 第431回 テーマ:チンゲン菜 まさに「野菜のテーマパーク」!伊達市の葉物野菜に注目 北海道のなかでも年間を通して比較的温暖な気候の伊達市を訪れたあぐり一行。 北見の人はそれを「タマネギ列車」の愛称で呼び親しんできました。

次の

安心・安全の道産ブランド牛が続々登場の「肉牛特集」、日本の食料自給率問題緊急討論も!『あぐり王国北海道NEXT』

あぐり 王国 北海道 next

ハーブ畑で匂いや効能、料理方法等を学びます。 ワインと聞いて喜ぶ二人ですが、作物を育てて加工し、どのように販売するかという、農業からマーケティングまで幅広く学ぶ学問ということで、真面目にテイスティングも勉強します。 最後はオホーツクの地域食材の魅力を伝える、地産地消の学食メニューも登場します。 いろいろな料理やお菓子でいつも食べている身近な存在のたまごは、どこからどのように私たちの食卓まで運ばれているのでしょう。 そこから見える広大な敷地を有する「農研機構北海道農業研究センター」におじゃまします。 フタはしません! 3 その間にカブを切ります。 また、作業場での選果作業の丁寧さにも生産者の思いを感じます。

次の

あぐり王国 放送内容

あぐり 王国 北海道 next

訪問先: 2018年 5月19日 第476回 テーマ:農業研究 最新の農業機械研究で作業効率と労働負担の軽減に取り組む北見工大に注目! 今回のあぐり一行は北見工業大学を訪れ、オホーツクエリアの14農協が連携して取り組む最新研究を紹介します。 広大な畑が広がる十勝の風景とその畑が大好きなスイートコーンの畑だと聞いて、あぐりっこのテンションは最高潮!収穫のお手伝いもみんなで力を合わせて楽しそうです。 メールをくれたのは遠別農業高校3年生の大橋君。 早速、その牛乳が搾られるジャージー牛がいる牧場におじゃまします。 小麦、豆、ビート、そしてジャガイモが沢山作られている農業の町、上士幌町。

次の

あぐり王国 レシピ

あぐり 王国 北海道 next

そのうえに豚肉をひきます。 4 カブをくし切りにする。 早速、ジャガイモ熟成の匠、村上さんの農場の倉庫で貯蔵について学びます。 訪問先: 2019年 2月9日 第510回 テーマ:牛乳 酪農の歴史ロマンが詰まった北大牛乳! 今回のあぐり一行は札幌駅にほど近い北海道大学のクラーク像前で待ち合わせ、向かった先はアメリカ西部の開拓地に広まった建築様式で建てられたモデルバーン(模範家畜房)などの施設が並ぶ北大第2農場です。 hbc. その中で、レシピや、食材に関する情報、 ターゲットなどをプレゼンします。

次の

2020年2月29日放送 HBCテレビ『あぐり王国北海道NEXT』で北大特集が放送されます!

あぐり 王国 北海道 next

出演者 [ ] 現在 [ ]• 農業に対し熱い気持ちを持つ学生たちは、農業への知識を高めるため、十勝の広大な畑で汗を流して農作業を体験しようと意気込みますが、折しも台風が接近中。 訪問先: 2017年 11月11日 第451回 テーマ:酪農ヘルパー 札幌の高校生が中標津町で酪農ヘルパーを体験!! 今回は、札幌の高校生が、「酪農ヘルパー」の仕事を体験します。 羊蹄山を望みながら、生産者直伝の長いも料理を堪能します。 ピーマンが苦手なあぐりっこ2人は、リーダーの美味しい!に誘われ収穫したばかりのピーマンの試食に挑戦します。 この時期に道産トマトが食べられる理由を学びに来たのは、HBC日下怜奈アナウンサーです。 あれから9カ月余りが経過し春を迎え、本格的な農作業が始まっています。

次の