大阪 メトロ 謎 解き。 Osaka Metro×SCRAP ナゾトキ街歩きゲーム「謎解きメトロ旅」

「大阪メトロ」にゃんばろうのスタンプ集める謎解きラリーを開始

大阪 メトロ 謎 解き

1日で終わらなくても大丈夫ですが、2日目以降は乗車券別にいるので気をつけてくださいね。 開催期間は2020年3月31日まで。 のちのち増えることを予想し 駅のホームは大きく作っていた。 歩くので履きなれた靴で参加した方がいいです。 自分の進行に合わせてちょっとずつヒントを確認出来るので、まるで横にスタッフさんが立って、ちょ~~~~~どいいところまで教えてくれているみたい! さて、だんだんと他のキットも使用してきます。

次の

【ネタバレなし】大阪謎解きメトロ旅をした感想

大阪 メトロ 謎 解き

初心者の人もこのあたりからヒントに頼るようになると思います。 さらに中盤になると難易度が上がってきて、苦戦……!! でも、大丈夫。 各駅の券売機で購入することが出来ます。 最後の達成感は半端ないです。 店内の検索機を使ってその本を探し出し、共通する手がかりを元に「奇妙なしおり」を見つけたら「願いを叶える本」へたどり着くことができます。 この3つの理由から、ちょっと上から目線で謎に向き合っていました。 キットには色々な仕掛けがあって、 かなり豪快な使い方もするので1人1キット使うことを推奨いたします! 私たちは梅田駅の定期券売り場でゲットしました! 他の駅は構内にある駅長室で販売しているところもあるので、改札で駅員さんに聞いてみましょう。

次の

「大阪メトロ」リアル脱出ゲーム「謎解きメトロ旅」11/28から開催

大阪 メトロ 謎 解き

特別な知識は必要なく、キット内の資料と閃きで解けるので、小学生でも大丈夫なはず。 写真左です! そして隣にいるのは、私のアイドルユニット『オタフクガールズ』の相方であるミッチャンです。 歩いた距離 約7kmです。 7kmだったので、こちらも同じく4倍ほどでした。 その答えがこのラリーのスタート駅です。

次の

謎解きラリーにゃんばろうを探せ!~「にゃんばろう」と一緒に大阪で楽しもう!~|Osaka Metro

大阪 メトロ 謎 解き

めっちゃ難しかった😅 けど面白かったです👍 チャレンジする価値ありますね。 見落としがあって謎が解けなかったりすると、もう一度同じ道をぐるぐる 長時間外にいる場合も予想されますので! 恐らく人数が多い方が攻略の難易度は下がるかと思いました。 『謎解きメトロ旅』は、Osaka Metroに乗車し、大阪の街をめぐり、仕掛けられた謎を解きながらゴールを目指す「ナゾトキ街歩きゲーム」です。 こういったイベントになれていない駅員さんは、うっかり渡し忘れるかもしれないですね! 1日乗車券の買い方や値段 公式サイトには1人につき1キット購入を推奨していますが、同伴者は1日乗車券だけを購入するだけでも十分です。 大阪謎解きメトロ旅2019の感想や攻略のコツ難易度 ネタバレなし を詳しく書いていきました。 しかし、謎の難易度、謎を解くための考え方のようなことは本当にさらっと書いていますので、必要な持ち物、所要時間など最低限の情報だけを知りたいと思っている方は、必要なところだけサッと読んでお引き返しください。

次の

大阪【謎解きメトロ旅】内容・難易度や面白さは?ヒントネタバレなし!

大阪 メトロ 謎 解き

大阪にあんな店があったのですね。 途中でレトロなカフェによってコーヒー休憩しました。 一番上の文字は「 ざ」なので星座ですよね。 また、払戻しは購入した駅にて承ります。 ただ大きい駅の場合、付近のカフェが満員で入れなくてそこで時間を使ってしまうことも… 雨の日の参加は難しい 雨の日だと路上で謎解きというのはさらに難しいと思います。 「謎解きラリー『にゃんばろうを探せ! Osaka Metro(オオサカメトロ)と「リアル脱出ゲーム」を企画・運営する株式会社SCRAPが共催で「ナゾトキ街歩きゲーム『謎解きメトロ旅』」を開催します。

次の

Osaka Metro×SCRAP ナゾトキ街歩きゲーム「謎解きメトロ旅」

大阪 メトロ 謎 解き

「谷町線って八尾まで行くんや」「中央線って普段あんま乗らんな~」「あ、この駅ってあの子住んでなかった?」なんて言いながら、 謎解きとは関係なく次の駅を勝手に予想。 しかし、この「大人である=ちょっとは物を知っている」という天狗の鼻はそうそうに折られることに。 参加するには、期間中に大阪メトロ各駅の駅長室や定期券売り場で「謎解きキット(1日乗車券付き)」を購入します。 ステップ3までは、その場で解けるものばかりですがステップ4は落ち着ける場所に入ってゆっくり考えましょう。 民営化の効果でしょうか? 今までの名古屋とはちょっと違う?新しい発見ができるルートやグルメに出会える内容になっています。

次の