新川 センサ テクノロジ。 キャリブレーション/バリデーション

統合設計情報管理システム「PLEMIA グローバルエディション」導入事例 新川センサテクノロジ株式会社様 : 富士通マーケティング

新川 センサ テクノロジ

月給は固定手当を含めた表記です。 ・制御デバイスの通信の堅牢性に関する国際的な認証であるAchiles認証Level2を取得 【NEW】 産業用制御システムの通信セキュリティに関する国際的な認証制度であるAchilles認証Level 2を取得しました。 システムを選定した理由について、金子氏は「富士通マーケティングからの提案が図面や部品表管理のICT化だけに留まらず、開発・生産プロセス全体を捉えた技術部門の『全体最適』を見据えたものだったこと」を挙げています。 温度マッピングの要件定義(試験方法、箇所など)決定で問題となるのが、文献だけでは定義決定に苦慮する現場環境の多様性にあります。 伸び ケーシングの熱膨張による伸び。 偏心 軸の偏り 曲がり具合。 クリップする• (4)ご応募についての合否に関わるご連絡は、この求人情報を担当するdodaの案件担当から行います。

次の

資格取得支援講座

新川 センサ テクノロジ

infiSYSファミリー機能アップ情報 仕様 Series Model Name 仕様書 VM-7B VM-701B 振動・変位モニタモジュール VM-702B 絶対振動モニタモジュール VM-703B 回転&偏心モニタモジュール VM-704B 温度モニタモジュール VM-705B 18点温度モニタモジュール VM-706B ロッドドロップモニタモジュール VM-707B 航空機転用型ガスタービンモニタモジュール VM-721B 18点リレーモジュール VM-722B 9点リレーモジュール VM-741B ローカル通信&フェーズマーカモジュール VM-742B 上位ネットワーク通信モジュール VM-751B 電源モジュール VM-753B VM-754B VM-761B 収納ラック VM-771B MCLビュー VM-772B デバイスコンフィグ. ・5種類のモジュールで17種類の監視パラメータに対応• さらに重要な課題が、図面の設計変更・版数管理だけでなく、部品差し替えの影響範囲を迅速に把握するための部品表管理でした。 (1)ご応募には転職支援サービスへのご登録が必要です。 導入システムの特長と効果• また、PLEMIAとCLCAとの相乗効果もでています。 新川センサテクノロジ様は、まずは生産の基幹である開発、設計工程における設計図面や部品表といった設計情報の部門間共有、開発・生産プロセスの効率化を目指し、 「PLEMIA」と 「CLCA」の導入を決め、2015年4月に運用を開始しました。 差し替え不備がないかなどの確認に時間や手間がかかっていました」と振り返ります。

次の

新川センサテクノロジ株式会社の求人/【東広島市】生産ライン設計などの生産技術職 〜計測・制御のソリューションを提供〜(広島県)【転職会議】

新川 センサ テクノロジ

「PLEMIA」 の導入により、これらの設計情報を製造、資材管理部門へリアルタイムに共有することが可能となりました。 雇用形態 正社員 <雇用形態補足> 補足事項なし <試用期間> 6ヶ月 試用期間中の勤務条件に変更はありません。 回転数 ロータの回転数。 軸位置 スラストベアリング近傍におけるロータの軸方向の位置。 伸び差 ケーシングとロータの相対的な熱膨張差による相互の伸びの差。

次の

新川センサテクノロジ様、開発・生産プロセスの最適化に向け情報管理システムを構築 : 富士通マーケティング

新川 センサ テクノロジ

富士通と富士通グループ各社には今後も協力して欲しい」(金子氏)。 徹底した納期管理• 株式会社富士通マーケティング(本社:東京都港区、代表取締役社長:生貝 健二、以下:富士通マーケティング)は、振動監視計器の専門メーカーの新川センサテクノロジ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:新川 文登、以下:新川センサテクノロジ)様に、統合設計情報管理システム 「FUJITSU Manufacturing Industry Solution PLEMIA(プレミア) グローバルエディション」(以下、PLEMIA)と 「電子部品情報サービス CLCA(Component Life Cycle Adviser)」(以下、CLCA)を導入し、運用を開始しています。 (2)採用条件に合致した方については、ご入力いただいた情報にて、そのまま企業への応募手続きをいたします。 ・全てのモジュールはラック前面より実装・取外しが可能、さらにホットリプレースに対応• その提案に、将来の発展性を感じました」(金子氏)。 その他のアプリケーションにおいては、これ以外の計測・監視項目で適用される場合もあります。 温度マッピングに関する関連規制はございますが、何れの文献も「現場環境の多様性に対する規制は具体性がなく抽象的である」ということが上げられます。 弁開度 蒸気加減弁の開度に応じた値。

次の

統合設計情報管理システム「PLEMIA グローバルエディション」導入事例 新川センサテクノロジ株式会社様 : 富士通マーケティング

新川 センサ テクノロジ

多業種メーカーとの緻密な連携(商社)• 各部門における設計情報のリアルタイム共有を実現し、業務スピードを大幅に向上 開発、設計部門が作成する設計情報は、設計図や回路図、概況図、部品情報など、多岐におよびます。 プロジェクトチームの皆さま:左から、開発・技術本部 商品開発グループ 宮内氏、管理本部 インフラ管理グループマネージャー 山野氏、生産本部 特注設計グループマネージャー 上田氏、執行役員 生産本部長 金子氏、生産本部 資材グループ プロジェクトリーダー 今田氏、生産本部 製造グループ 松永氏、管理本部 生産管理グループマネージャー 井上氏. 同社では、富士通の統合設計情報管理システム「FUJITSU Manufacturing Industry Solution PLEMIA(プレミア) グローバルエディション」を導入。 従って、基本的な要件定義アプローチとして、環境を所持されているユーザーの判断に委ねられるという実状があります。 富士通グループはICTベンダーでありながらメーカーであり、製造現場を良く知っているからこそ、弊社の業務プロセスの改善に有効なソリューションを提案してくれることに期待しています」(金子氏)。 同社では、PLEMIAとあわせて「電子部品情報サービス CLCA(Component Life Cycle Adviser)」も導入。 新川センサテクノロジ株式会社 管理本部 インフラ管理グループマネージャー やまの いくお 山野 郁生 氏 同社ではPLEMIAの導入により、まずは業務のスピードアップ効果を実感しています。

次の

新川センサテクノロジ株式会社(東京都千代田区)の企業詳細

新川 センサ テクノロジ

位相基準 1回転あたり1パルスの振動位相角の基準となる信号。 新川センサテクノロジ様は、 「PLEMIA」の導入により、開発、設計、製造、資材管理までのプロセスを一気通貫する設計情報管理を実現しました。 協力や連携の中でコミュニケーションをとりながら製品ができていくことを実感いただけます。 あらかじめご了承ください。 それを実践するためにもPLMシステムの導入が必要だと判断しました」(金子氏)。

次の