ベートーヴェン 交響曲 第 9 番。 ベートーヴェン - 交響曲 第9番 ニ短調 Op.125《合唱》 カラヤン ベルリンフィル 1962 (日本語訳付き)

ベートーヴェン(交響曲第9番)

ベートーヴェン 交響曲 第 9 番

Beethoven Symphony No. なお、これらの録音は全て『合唱が原語(ドイツ語)ではない』あるいは『曲の一部がカットされている』のどちらかに該当し、この曲本来の姿での録音ではなかった。 その解釈は荘厳、深遠でありながら感情に流され過ぎず、友人でもあった音楽学者の分析からも影響を受けている。 アルト• こういうのを指揮者はきちんと切り捨てて欲しいものだ。 中間部は速くならない好みのタイプ。 どこが他と違うのだろう。

次の

opendata.viladecans.cat

ベートーヴェン 交響曲 第 9 番

フレーズの終わりが全て長いので壮年期のベームのような刻みのリズムは殆ど感じ取れない。 2つの主題が交互に現れるの形式と見るのが一般的であるが、一種の、また一種の展開部を欠くソナタ形式と見ることもできる。 主部はやはりかなり遅く、リズム感が不足気味。 主題は中速で始まり、徐々に速度を上げる。 ベートーヴェンは当時22歳でまだも作曲していない時期であり、ベートーヴェンが長きに渡って構想を温めていたことがわかる。

次の

ベートーヴェン - 交響曲 第9番 ニ短調 Op.125《合唱》 カラヤン ベルリンフィル 1962 (日本語訳付き)

ベートーヴェン 交響曲 第 9 番

カラヤンとベルリンフィルが脂に乗っている時期の作品です。 全体に非の打ち所がない。 また、ファゴットとコントラファゴットが無かったので、オルガンで代用するなどした。 原曲の歌詞はドイツ語だが、世界中のあらゆる言語に翻訳されており、その歌詞で歌われることもある。 ピリオド風というより指揮者の個性出しまくりである意味やりたい放題。 デルマー版の知名度を大いに上げたのはアッバード指揮のベルリン・フィル盤(1996年)や指揮のチューリッヒ・トーンハレ管弦楽団盤(1998年。 歓喜の合唱は厚みがあって素晴らしい出来である。

次の

【中古:盤質S】 交響曲第9番『合唱』 シューリヒト&パリ音楽院管弦楽団 : ベートーヴェン(1770

ベートーヴェン 交響曲 第 9 番

カラヤンの「第9」は約63分~69分であり、ほとんどの指揮者による演奏時間は60分を超えているからだ。 東京音楽学校での初演については、この演奏を聴いた最後の生き残りであった作家のが、「演奏中にの(の妹。 『バルトの楽園』では、近隣住民を招待してこの第九演奏会を見せたことになっているが、実際には収容所内の演奏会だったため、『第九』を聴けた日本人は、収容所関係者のみだった。 SME on behalf of Sony Classical ; LatinAutor, UMPI, Public Domain Compositions, UNIAO BRASILEIRA DE EDITORAS DE MUSICA - UBEM, LatinAutor - UMPG, and 5 Music Rights Societies• 好みから言うと第2主題はもっと遅くても良いぐらいだが。 一方第2主題部は速くならず、ゆったり歌うのが非常に良い。 オーケストラだけでなく、合唱団のコントロールも優れていることがわかる。

次の

【中古:盤質S】 交響曲第9番『合唱』 シューリヒト&パリ音楽院管弦楽団 : ベートーヴェン(1770

ベートーヴェン 交響曲 第 9 番

具体的には第1、2楽章は僅かに本演奏の方が上を行くし、終楽章も速度設定など本演奏の方が良いように思える。 歓喜の合唱は厚みがあって満足度が高い。 彼の本領はオペラにあると言われるが、その特質を生かし合唱を実に良く歌わせ切っている。 一つは楽譜通りにバランスよく演奏するタイプ。 日本には11度も来日しており、日本人には小澤征爾が師事したことでも知られている。

次の

opendata.viladecans.cat

ベートーヴェン 交響曲 第 9 番

Beethoven Symphony No. 声質は良いのに気の毒である。 三楽章などが特に綺麗な音色。 (大正13年)1月26日、の学生オーケストラ、「フィルハーモニー会」(現在の)が当時の(後の)の御成婚を祝って開いた「奉祝音楽会」で『第九』の第4楽章を演奏した。 合唱が素晴らしい。 カラヤン指揮・ベルリン・フィルハーモニーのベートーヴェン交響曲全集が一度に手に入ります。

次の

ベートーヴェン(交響曲第9番)

ベートーヴェン 交響曲 第 9 番

第4部:中やや遅。 この演奏は主部の繰り返しがある。 5cmとするか12cmとするかで何度も議論を重ねており、大きさを基準に考えるフィリップスに対し、記録時間を優先したいソニーで話し合いは難航していた。 そのため"初演は大成功だった"が定説ですが、「ベートーヴェンのファンにのみ高評価」だったのではとも言われています。 これはオーケストラとピアノ・ソリスト・合唱で演奏され1808年に作曲された作品です。 第1部:中の遅。

次の