機動 戦艦 ナデシコ op。 機動戦艦ナデシコとは (キドウセンカンナデシコとは) [単語記事]

機動戦艦ナデシコの登場人物

機動 戦艦 ナデシコ op

しかし、死後に至ってもアキトに与えた精神的影響は大きく、死亡後も回想シーンや幻などで度々登場した。 エステバリス隊 [ ] ナデシコの艦載機・エステバリスのパイロットたち。 対艦ミサイルを装備。 しかしコウイチロウとの親子喧嘩の末に家出を決意したユリカに連れられ、アキトの家に転がり込み、3人で家族のような生活を始める。 名前の由来は七宝の一つで、石英のことを指す「」から。

次の

機動戦艦ナデシコの登場兵器

機動 戦艦 ナデシコ op

北辰六人衆 北辰の部下で、常に行動を共にしている。 ゲンゴロウ 木連無人機動兵器。 年の離れた優秀な兄がおり、を抱いていたが事故で死亡してしまう。 スバル・リョーコ(昴 リョーコ) 声: エステバリス隊隊長。 「悲劇のヒロイン」に憧れるなど極度の妄想持ちで、テニシアン島に墜落したチューリップの調査の為にナデシコが同島に着いた際に出合ったアキトを「運命の人」として家に招き、痺れ薬入りの料理を食べさせた上でチューリップに張ったバリア(当然自社製品)を解除し蜥蜴の襲来を招き「彼と共に最後の時を迎えよう」とする。 では重火器を手に戦う。 空中戦、地上戦可能。

次の

機動戦艦ナデシコの登場人物

機動 戦艦 ナデシコ op

機動戦艦ナデシコは、控えめに言っても 名作・傑作と言えるアニメだったと思います。 色気を振りまく悩殺美女で、服の露出度も高く派手な性格を思わせる容姿だが、実際には恋も仕事も家庭も大切に出来、それらを守れる程精神的に強い女性。 その為テバには「最小限ので最大限の汎用性」がめられ、それがテバに一本化した換装に繋がっている。 実写版ゲキガンガーの天空ケン役に選ばれた。 しかし、奥手で不器用なためユリカやメグミほどには積極的になれなかった。 2 2006年11月22日発売• ユリカの気持ちを知りつつもはっきり恋敵と認め、これみよがしにアキトに迫って嫉妬を煽ったり、心ない一言でユリカを傷つけたりしていた。 この腕はディストーションフィールドを中和する事が出来る。

次の

機動戦艦ナデシコの登場人物

機動 戦艦 ナデシコ op

木星蜥蜴の襲撃で死亡した。 )から晴れ着姿、うさぎの着ぐるみ、、、姿・・・果てはエステバリスといった数々のをこなした。 しかし目論見は外れてしまい、後を追ったジュンまでも彼の元を去ることになってしまった。 劇場版では、25歳。 元木連優人部隊所属でTV版第19話にも登場、有人ミサイル実験部隊の指揮を執った。

次の

機動戦艦ナデシコとは (キドウセンカンナデシコとは) [単語記事]

機動 戦艦 ナデシコ op

ひめじょおん(ヒメジョオン) はるじょおん(ハルジョオン) ナデシコを包囲するために使われた。 しかしながらその直後に、遺跡ユニットによって再び20数年前にジャンプアウトしてしまう。 人の話をこれっぽっちも聞かない。 地上戦担当の機体。 戦争の結末は、その後に公開された劇場版やゲームで補完されてゆく事になるが、謎は謎のままで残った部分も多い。 A級ジャンパーの存在は必要だが、単独ボソンジャンプも可能としている。

次の

機動戦艦ナデシコの登場人物

機動 戦艦 ナデシコ op

その他 [ ] アイちゃん 声:川上とも子 火星会戦の際、地下シェルターに避難していたアキトが出会った幼女。 艦隊の中核を成す。 ではのを助けた縁で雇われになっている。 しかし、物量に押されてしまいの極冠遺跡上の会戦にて撃沈される。 を口に出すのが癖で時々視聴者に話しかけてしまう。 また重力波アンテナも有しておらず、木連無人兵器の大出力ジェネレータを改良した物を搭載している。 人の話を聞かず、行動がとにかくマイペースで周囲を振り回す。

次の

機動戦艦ナデシコとは (キドウセンカンナデシコとは) [単語記事]

機動 戦艦 ナデシコ op

最終的には夜天光もろとも撃破された。 タカスギ・サブロウタ 声:三木眞一郎 ナデシコBの副長で、連合宇宙軍大尉。 しかし、真実は彼らが火星遺跡やCC等の情報を公開しようとした為に、その遺跡の技術やそこから生まれる利益の独占を目的としたネルガルによる謀殺であった。 南雲義政(なぐも よしまさ) 声: 火星の後継者のNo. 六連(むづら) 北辰六人衆が搭乗した機体。 劇中でシラヒメからアマテラスへ移送された際に、演算ユニットに組み込まれて「人間翻訳機」として利用されてしまう。 ナデシコ所属となってからはウリバタケと意気投合して「ウリピー」と呼び、彼を師匠と仰いで模型製作にいそしんでいた。 これは本艦があくまでデータ収集が目的であるのと、後継艦となるナデシコC最大の能力も起因している。

次の