異 世界 転生 し て 生産 スキル の カンスト 目指し ます。 『異世界転生して生産スキルのカンスト目指します!』短編『カズチとの小物作り』無料公開

英雄の器

異 世界 転生 し て 生産 スキル の カンスト 目指し ます

それなのに、あの落ち込みようって」 だって、名前からして明らかに生産系のスキルとは異なるんですもの。 ジンはどうするんだ?」 「そうだなぁ……ソニンさんもいないし、たまには奇抜な作品でも作ってみようかな」 ソニンさんの目があるところで変なものを作ると何を言われるか分からない。 イメージした形の通りに構築されなければ、それは鑑賞用にもならない失敗作。 しかし、錬成師であるカズチが何故に槌の形で置物を作ったんだ? 「……これ、よかったら貰ってくれないか?」 「えっ! ……その、いいの?」 「あぁ。 「……ど、どうだ!」 「ピキャー! ピッキャキャー!」 「……マジかよ、これ、めっちゃ綺麗じゃないか! 凄く透明で、これは果物か?」 僕は赤い果物ということでリンゴをイメージして構築を行った。 「ピキャー?」 「……ガーレッド?」 「ピキャ! ピキャキャー!」 ……あぁ、そっか。

次の

異世界転生して生産スキルのカンスト目指します! 3 (ドラゴンノベルス)

異 世界 転生 し て 生産 スキル の カンスト 目指し ます

ようやくスキルを調べることができるんだ。 エジルとホームズの前にあっさりと沈黙させられます。 過去の後悔からいつも自分の命を粗末にするアインハルトを諌めて、はじめて彼に救いの手をさし伸べるアリアも感動的だったな。 ホームズさんは眩しさのせいで浮かび上がっているスキル情報を見れていないようだが、ゾラさんとソニンさんは目を閉じながらも口を開けっぱなしにして驚いているように見える。 ゾラさんに視線を送ると一つ頷いてくれる。

次の

英雄の器

異 世界 転生 し て 生産 スキル の カンスト 目指し ます

「オリジナルスキルは一国の王が囲い込んだりする可能性もあるスキルが多いのです。 「確かに錬成師としては成長していると思う。 だから無難に丸だったり四角で錬成を終わらせていたんだけど、今回だけは色々と試してみたい。 俺がそんな錬成師になれるかどうかも分からないのにさ。 鍛冶ならば日本の知識があるのである程度の予想ができるのだが、錬成はこの世界の技術なのでさっぱりだ。 木属性については……後々考えてみよう。 途中で休憩を挟みながら黙々と錬成を行い、他の色の鉱石でミカンやバナナやモモなども作ってみた。

次の

【カクヨム】異世界転生して生産スキルのカンスト目指します!~4章

異 世界 転生 し て 生産 スキル の カンスト 目指し ます

早い段階で錬成について勉強をするべきかもしれない。 650. 駆け出し冒険者と魔獣• そして僕たちの姿を見たガーレッドはジーっとこちらを見つめていたのだった。 もしかしたら鍛冶ではなく錬成の方で使えるのかもしれない。 最初にも言ったけど、ジンの部屋って殺風景だろ? 本物の槌は鍛冶部屋にあるし、槌の形をした置物があってもいいと思ったんだ」 ……な、なんて友達想いなんだよ、カズチは! 「あ、ありがとう! そ、それじゃあ、カズチもこの中から好きなものを貰ってね! 残りをソニンさんに見せるから!」 「そ、そうか? ……へへ、ありがとな」 そう言ってカズチはミカンの置物を選んでいた。 だって、一番怖いんだもんなぁ。 ゾラ・ソニン奪還作戦の道中で作製した黒羅刀をはじめたとした業物。 ガーレッドを延々かわいいと描写する作品において同じく幼獣とするフルム。

次の

Japan Manga Blog: [渡琉兎] 異世界転生して生産スキルのカンスト目指します! 第01巻

異 世界 転生 し て 生産 スキル の カンスト 目指し ます

茎や葉っぱも赤いのは仕方ないとして、歪な形のクズ鉱石がこうして見てて飽きない置物に変わったなら、それはもうクズ鉱石ではなく立派な商品ではないだろうか。 「とりあえず、鍛冶スキルと錬成スキルを習得するところからですね」 「「「違うだろ!」」」 ……おぉぅ、再び三人の声が揃ったよ。 特に錬成に関しては一緒に成長できるから僕としても強い刺激になってくれるはずだ。 三つの工程を順調に消化し、最後の構築へ移るとより強固なイメージを作り出す。 アインハルトが使う硝子の魔法は脆くて儚いけれど、力自慢の騎士や古代遺跡の守護者を翻弄する変幻自在な戦いぶりは、型にはまらない彼らしくて玄人好みだね。 「どうって、俺の考えは変わらない。 はい、インパクト強すぎですっ! プラスで、制服にご飯を食べさせたりなんて異様なこだわりを持つ新井さん、魔法少女のパネルとしか流暢に話せない春雨ちゃんと、このお話のヒロインたちは一度見たら忘れられないくらい個性抜群です。

次の

ジンのスキル

異 世界 転生 し て 生産 スキル の カンスト 目指し ます

・・・・・短編で5000文字ぐらいなら綺麗に収まりよくかけそうで笑う。 これなら作ったかいもあったというものだ。 「まずはこのスキルについて調べるのが先決です!」 「コープスさん、オリジナルスキルは効果によっては悪用するために誘拐されたりもする強力なものが多いのですよ!」 「二人の言う通り、まずはスキルについて調べるのが先決じゃよ」 経験者が言うのだ、そこは従うべきかもしれないと思い渋々頷いた。 正直よく分からないのが光、闇、無属性である。 今後の展開に期待ですね。 未知へ挑むことで自分の世界観を広げる、これぞ冒険の醍醐味ってやつだね。 錬成の為のあれこれ• 何でもないことなら喫茶店でも、本部まで歩いていた時でも、話す機会はいつでもあったはず。

次の

「異世界転生して生産スキルのカンスト目指します! 渡琉兎」

異 世界 転生 し て 生産 スキル の カンスト 目指し ます

「……な、何じゃ今のは?」 「……それに、今のスキルは?」 「……えっ? えっ?」 この場で状況が分かっていないのはホームズさんと張本人である僕だ。 だからこそ、今回の錬成で最も大事になるのは構築なのだ。 トールライガーという雷神を関する魔獣の存在。 「……でも、本当にいいの? いつになるか分からないし、何よりソニンさんと離れることになるんだよ?」 そう、一番の問題はそこだ。 「……」 「カズチ、本当にどうしたの?」 椅子に腰掛けたまま黙っているカズチに声を掛けると、やや下を向いていた視線が僕へ向き口が開かれる。

次の