エクセル グラフ 凡例 追加。 凡例項目に表示される項目名を編集する

グラフのデータ ラベルを追加または削除する

エクセル グラフ 凡例 追加

データ ラベルを追加する データ ラベルを追加して Excel シートのデータ要素値をグラフに表示することができます。 凡例をクリックして、凡例全体を選択します。 数字の一覧だと「6」までしか表示されないので、右側の[フォント サイズの縮小]ボタンを使用した方が良いでしょう。 (別解)データラベルを1つだけ選択して、書式設定の画面を表示します。 さすがに横幅長すぎですね。

次の

Excel2016でグラフの凡例を編集する:エクセルの使い方

エクセル グラフ 凡例 追加

[凡例の書式設定]作業ウィンドウで、 凡例の位置を上にすると、 下の画像のようにちゃんと表示されます。 選択していた項目が削除できました。 その時のグラフの種類や文字数に応じて対処すべき方法が変わります。 グラフで凡例を設定するには、まずグラフが凡例が表示されている必要があります。 凡例が全項目に復活しました。 系列が削除され、選択範囲も修正されます。 データラベルを右クリックし、[ データラベルの書式設定] を選択します。

次の

エクセル グラフに凡例を表示する

エクセル グラフ 凡例 追加

解説 グラフタイトルを選択します。 アクセスのデータがグラフに追加されます。 [Delete]キーを押すと削除されます。 データの選択から グラフを選択した状態で [デザイン] タブをクリックし、データグループにある [データの選択] をクリックします。 Enter キーを押します。 これでセル内で改行されます。 元に戻すには? net サイト メインブログ。

次の

元データを変えずにグラフ凡例・項目名を変更する [エクセル(Excel)の使い方] All About

エクセル グラフ 凡例 追加

マーカーが見えなくなりました。 ちなみに、グラフを選択しないまま、図形を挿入してしまうと、グラフだけ移動して図形は残ります。 [Delete]キーを押します。 [ ラベル オプション] をクリックし、[ ラベルの内容] から目的のオプションを選びます。 軸の目盛に表示されているラベルは、目盛に 付属するラベルで、軸目盛ラベルとも言います。 項目名を途中で改行する もし、元の表の形を変更して良いのであれば、項目名を途中で改行してしまうのがベストです。 Enterキーを押します。

次の

【エクセル2010】グラフにある凡例の名前(系列名)を変更するやり方

エクセル グラフ 凡例 追加

「凡例」を非表示にするなら、チェックボックスのチェックを外します。 「系列名」欄で変更する凡例の名前(系列名)を入力する 「編集」ボタンを選んだら 「系列の編集」ダイアログが 表示されます。 凡例のダミーが見えなくなりました。 凡例をダブルクリックして、書式設定の作業ウィンドウを開き、凡例のオプションで「右上」にチェックを入れると、凡例を右上に配置することができます。 その他のデータ ラベル オプションについては、[ その他のデータ ラベル オプション] をクリックし、[ ラベル オプション] が選択されていない場合はクリックして、目的のオプションを選択します。 (この先は、ただボタンにマウスポインタを 合わせるだけでいいのか、 クリックまでするのか、注意しながら解説をお読みください。 グラフで、変更するデータ ポイント内のデータ ラベルをクリックし、データ ラベルをもう一度クリックして、そのラベルだけを選択します。

次の

元データを変えずにグラフ凡例・項目名を変更する [エクセル(Excel)の使い方] All About

エクセル グラフ 凡例 追加

表の横にある [ グラフ要素] をクリックします。 凡例の配置を選択することで位置を変更をすることができます。 注: データ ラベル内のテキストが読みづらい場合は、ラベルをクリックし、任意のサイズになるまでドラッグすることで、データ ラベルのサイズを変更できます。 「サンプルファイル(ZIP)」をダウンロードします。 ここでは上下左右に加えて、「 右上」の配置が選べます。 「系列の編集」ダイアログの「OK」ボタンをクリックして選び 変更する凡例の名前(系列名)を入力したら 「系列の編集」ダイアログの 「OK」ボタンを クリックして選んでください。 編集が終わりましたら「OK」をクリックして下さい。

次の

グラフの凡例やデータ テーブルの表示/非表示を切り替える

エクセル グラフ 凡例 追加

項目軸の上で右クリックして、ショートカットメニューから [軸の書式設定]を選びます。 系列名に新しい [名前] を入力して [OK] をクリックします。 方法は折れ線グラフと同じです。 データラベルを挿入します。 Enterキーを押します。 既存のテキストを選んで、置き換え後のテキストを入力します。

次の

グラフの凡例やデータ テーブルの表示/非表示を切り替える

エクセル グラフ 凡例 追加

そこで軸ラベルを追加します。 今回は 「札幌」を選びます。 削除する項目をクリックして選択します。 凡例の枠線部分にマウスポインタを合わせて、十字矢印の状態でドラッグして、移動することができます。 たとえば、上図のグラフのように、「系列の名前が長すぎるからグラフ上の凡例では省略した形で表示したい」が、「元データの方はそのままにしておきたい」といったようなケースです。 凡例項目の表示が変わりました。 こちらの記事もご覧ください。

次の