気力 能力 功績 など が 非常 に 優れ て いる 事 また 人 さて この 四 字 熟語 は。 キーワード「人物」の四字熟語

かっこいい四字熟語!座右の銘にも使える厳選113の熟語(意味付)

気力 能力 功績 など が 非常 に 優れ て いる 事 また 人 さて この 四 字 熟語 は

胡は中国北方の、越は南方の異民族。 そして三年後、ついに会稽山(かいけいざん)にて父の敵を討った。 『管子・大匡』に「子を知ること父に 若 ( し )くは 莫 ( な )し、臣を知ること君に若くは莫し」とあるのに基づく。 - 怨憎会苦 おんぞうえく 自分が恨んでいる人や憎んでいる人とも会わなければならないという苦しみ。 - 安如泰山 あんにょたいざん 泰山は山東省にある名山。

次の

【アンニンのエブリデイクイズの答え】9/5 気力、能力、功績などが非常に優れている事また人。さてこの四字熟語は?

気力 能力 功績 など が 非常 に 優れ て いる 事 また 人 さて この 四 字 熟語 は

121• 毫毛斧柯 (ごうもうふか) わざわいの種は小さいうちに取り除いておかなければいけない。 ようやく恐ろしい虎の前から逃げ出せたと思ったら、今度は竜の棲む洞穴に入りこんでしまう意。 言葉は身の文 (ことばはみのあや) 話す言葉を聞けば、その人がどんな人物かがわかる。 - 一切有情 いっさいうじょう 一切衆生と同じ。 - 烏集之交 うしゅうのまじわり 偽りが多く、真実のない交わり。

次の

キーワード「人物」の四字熟語

気力 能力 功績 など が 非常 に 優れ て いる 事 また 人 さて この 四 字 熟語 は

また、まっとうな食べ物ではないもののこと。 120• 晋 ( しん )の時代の詩人 陶淵明 ( とうえんめい )が県知事をしていたとき、若い上役が視察にくることになり、礼服で出迎えよと言われて、日棒の五斗米のために腰を折って若僧にぺこぺこするのはいやだと言って辞職した。 同意語: 「聖人も時に遇わず」 好事も無きに如かず (こうじもなきにしかず) たとえ好きなことであっても、無い方がいい。 転じて、似たりよったりの意。 - 佳人才子 かじんさいし 才能ある男性と美しい女性。 最悪の事態も知らぬこと。

次の

~はじめの四文字熟語辞典~

気力 能力 功績 など が 非常 に 優れ て いる 事 また 人 さて この 四 字 熟語 は

人間の体でいう急所「のど、くび」にたとえた言葉。 内股についた膏薬はあちこちについて困ることから。 以前に受けた手ひどい恥辱。 や行のキーワード• 目上の人が目下の人を特別に信任すること。 徳川家康の政治顧問として活躍した天海僧正がその典型。

次の

気力、能力、功績などが非常に優れている事また人。さてこの四字熟語は?

気力 能力 功績 など が 非常 に 優れ て いる 事 また 人 さて この 四 字 熟語 は

すぐにはっきりとした結果や効果が出る。 転じて、少しの差はあるが、内容は似たり寄ったりであること。 類語: 「」、「」、「」、「」、「」 後顧の憂い (こうこのうれい) 物事をやり終わった後に残る気がかり。 悪妻は百年の不作。 人に応じて法を説くたとえ。 【説明】「奇想天外より落つ」の略。 - 葦末之巣 いまつのす 水辺の葦の先に巣を作る鳥は、いつも危険にさらされて落ち着かない生活をしなければならないということ。

次の

キーワード「人物」の四字熟語

気力 能力 功績 など が 非常 に 優れ て いる 事 また 人 さて この 四 字 熟語 は

永遠に生き続けること。 勢いよく回り続けているときは支えがなくても直立する独楽だが、勢いが衰えるにつれてぐらぐらと揺れ始め、やがてばったりと倒れてしまう。 ひそひそ話。 - 慇懃無礼 いんぎんぶれい 言葉や物腰が丁寧すぎて、かえって礼儀にはずれていること。 【説明】偏 つくり 、旁 つくり 、冠 かんむり 、脚 あし の意で、垂 たれ や構 かまえ を含む総称として用いる。 狐群狗党 (こぐんくとう) ろくでもない連中の集まりのたとえ。 肩で風切って歩くこと。

次の