メル ザ ウン カノーネ。 ザメル

ジオン公国の機動兵器

メル ザ ウン カノーネ

9t 全備 49. また、その形状から友軍からも攻撃される危険性も伴っている。 1t 全備 739. 鹵獲されたジムは性能調査のために使用されるのはもちろんだが、一部の機体は戦闘に用いられた。 と同時期に開発され、初めて実戦投入された水中用MAである。 また、水中での高速戦闘を得意とし、火力・運動性能ともに同時代の水陸両用MSを凌駕する。 その後は強奪に成功したガトーの撤退を支援、追撃してきたバニングのジム改と激戦の末、同機を大破させるも相討ちのような形でビームサーベルで貫かれ、撃破された。

次の

ジオン公国の機動兵器

メル ザ ウン カノーネ

「117 グラブロ」『機動戦士ガンダム MSV コレクションファイル[地球編]』講談社、2000年6月。 オリヴァー・マイ技術中尉はこの機体について上記の通り誤認率の高さを認めた上で同士討ちの発生する危険性を指摘し、この兵器の開発意義を疑問視する報告を残している。 0t 全備 121. ロールアウト後、1機は試験中に消失、もう1機は連邦軍に捕獲されたというが、一説によれば5機生産されたともいわれる。 小型潜水艦並のサイズでありながら航続距離においては中型潜水艦をしのぎ、大型艦艇並の戦力を有している。 その後方、いわゆる「頭部」のあるべき部分に剥き出しのセンサーユニットが複数林立している• バックパック部分はやなどのジオニック系MSのものと酷似しており、肩部は、のようなツィマッド社の機体にも似た球状のパーツに、正面側のみジムのような装甲が付加されている。 「」を参照 グラブロ [ ] 諸元 グラブロ GRUBLO 型式番号 MAM-07 所属 開発 MIP社 製造 ジオン公国軍基地 生産形態 試作機 全高 26. -- 名無しさん 2016-01-26 00:43:31• 視覚センサーとしてモノアイを備えるが、機首にソナーも内蔵しておりこれらを併用して行動する。 だが、これらを運用する部隊は、その特殊な活動のためすべての公式記録は削除されている。

次の

ジオン公国の機動兵器

メル ザ ウン カノーネ

搭乗したフラナガン・ブーンがに対し借用を懇願していたことから、元来シャアに与えられたMAと考えられる。 そのため、作中でもパイロットのエンマ・ライヒ(ライチェ)中尉は、この機体を「戦場の狂気そのもの」と呼んでいた。 うんちく等: 一年戦争時の機体という設定であるが、劇中に登場したのは「0083」。 機体後部には機関砲砲塔2機を装備する。 なおビームサーベルは本来出力不足で使えないので、シールドに小型ジェネレーターとエネルギーCAP、冷却ユニットを組み込んで使用可能にしている。 その間に一年戦争は終結し、本機のデータおよび関連書類は機密保持のために破棄されている。

次の

ザメル

メル ザ ウン カノーネ

また、、ズゴックを牽引できるだけでなく、水上をジャンプするという離れワザも披露した。 実際、オッゴ開発の背景にはボールの活躍に触発されたジオン公国軍の後押しがあった。 ゲファンゲナー・ゲム(鹵獲ジム) [ ] 漫画『』の1エピソード「蝙蝠はソロモンにはばたく」に登場する、ジオン公国軍にされたの正式記録上における名称。 およびとともに強行偵察部隊として跡に進出し、を輸送中の小型輸送船およびそれを護衛するのボイド小隊と交戦している。 -- 名無しさん 2019-09-09 21:05:57. さらに索敵能力もAととても使えるユニットである。 -- 名無しさん 2018-03-12 01:19:23• このため耐弾性能は正規のMSに比べはるかに劣り、パイロットの生存確率を著しく低下させている。 カラーイラストは、ビームサーベルを構えたがメルザ・ウン・カノーネの懐に飛び込まんとする対決の情景を描いている。

次の

ザメル

メル ザ ウン カノーネ

その一方で、水中以外で行動できない弱点を併せ持つ。 ドラッツェ改 [ ] 『0083』のBlu-Ray Boxに収録のピクチャードラマ『宇宙の蜉蝣2』に登場。 漫画『』には、後に故障によって補給線上に取り残され、単機勇戦する機体が登場する。 このような装備運用の柔軟性と良好な運動性能により、総合的な戦闘能力は、計算上ボールを凌ぐとされた。 背部に大型増槽6基を背負う。

次の

ジオン公国の機動兵器

メル ザ ウン カノーネ

各機の胴体左のシリンダー前部に描かれている3桁の数字は、前2桁は所属小隊番号、最後の1桁が小隊内での機体番号となる。 -- 名無しさん 2019-09-09 13:59:13• をパワーアップしたような能力を持つ(というかヒルドルブがこれの原型になったという説もある)。 「MS-ジオン公国軍-ザメル」• このため、地上での歩行機能は有していない。 さらにベルファスト基地よりに向かい飛行中のに、2機を牽引しつつ水中航行で追いつき、潜航したままブーメランミサイルの猛射で追い詰めるなど、MAの力を見せつける。 アタッチメントやハードポイントにはロケット弾やシュツルム・ファウストなどMSの携行武器を装備することもできるが、ビーム兵器は装備できない。 6 デラーズ紛争編〈上〉】』バンダイ、1992年2月、55頁。 うち3連装ミサイルポッドは脚部スラスターに装着されている。

次の

ザメル

メル ザ ウン カノーネ

パイロットを乗せても射程3ではドムキャノンに火力で負けるが、射程2ならどっこいの性能。 海岸の1機防衛に適している。 全身を覆うも装備されており、接近戦以外のほとんどのビーム攻撃は無効化される。 74(1990年12月号)には、この準備稿とカトキ自身の手によるカラーイラストが掲載された。 名称は『A. また、135mm対艦ライフルやなどの対艦攻撃用の装備も数種類実装されていた。

次の