ビジョナリー カンパニー 2。 【要約&感想】<5分でわかる>ビジョナリー・カンパニー2 / ジム・コリンズ

ビジョナリー・カンパニーとは? 要約や感想、書評を公開

ビジョナリー カンパニー 2

みるみる内に赤字は解消し、借金も返済しました。 このことは「ビジョナリー・カンパニー2」のなかで主張されています。 この6人をテストし、見極めるために、全員を「事業部門責任者」にし、経営委員会の直属にしたんだ。 第五水準の経営者は、自分が引退したあとも、会社がさらに発展していくよう、自分以上に有能な経営者を後継者に選ぼうとする。 こうなるとビジネス書というよりは、生き方の本のようにも思えてくる。

次の

楽天ブックス: ビジョナリー・カンパニー(2)

ビジョナリー カンパニー 2

小さく動きも鈍い針鼠が、唯一の強みである針で生き残ったように、愚鈍なまでに単純明快な一点突破で生き残れ!という事。 しかし、企業の繁栄に関しては、猛烈な忍耐力と野心を持ち、徹底的に追求していく。 こうなれば基本理念から離れざるを得ない。 基本理念=基本的価値観+目的 です。 ビジョナリー・カンパニーとは、将来のビジョンを持った会社のことをいいます。 次に気になるのはこの点だ。 誰をバスに乗せ誰を下ろすかを決めること• これらの基準を満たすのは相当にむずかしい。

次の

ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則 by ジム・コリンズ 〜 「良い会社」が「偉大な会社」に飛躍するとき

ビジョナリー カンパニー 2

繰り返しになるが、即効性のある経営術のヒントを求める向きには本書は似合わない。 シータートルは「針鼠の概念」を持てているか バツ。 投稿者: mimi - 良い(good)企業が偉大な(great)企業になるための条件には何があったのかを、7年間にわたる調査結果をもとにまとめあげた本です。 決して満足しない ビジョナリー・カンパニーは安心感を目標にしない。 品揃えには命をかけますが、個別顧客に対する手厚いサービスは行いません。 なお、ビジョナリー・カンパニーの延べ 千七百年の歴史のなかで、社外の人材が最高経営責任者になった例は四回しかなかったという。

次の

日経BP SHOP|ビジョナリー・カンパニー2 飛躍の法則

ビジョナリー カンパニー 2

3つの円が重なった部分(ハリネズミの概念)に集中する 1 情熱をもって取り組めるもので、 2 自社が世界一になれる部分で、 3 経済的原動力になれる分野、という3つの円が完全に重なった部分(ハリネズミの概念)に集中する。 (『ビジョナリー・カンパニー 2』より引用) このとき、この巨大な輪を回すことは、非常に困難な作業となることがわかるでしょう。 それから三年間、ジョーンズは徐々に的を絞っていき、候補者に厳しい課題を与え、面接しエッセー・コンテストを行い評価していったんだ。 その結果、ソーシャル上で5,000以上の「いいね!」、600を超えるはてなブックマーク、そしてNewsPicks上で1,000以上のPickとなる大きな反響を呼びました。 が、膨大なデータから導き出された結論なので非常に信ぴょう性が高いと言えるでしょう。 幸運に恵まれたとか、今までの努力の結果だと思わずに、成功が無条件に続くと考えてしまう。

次の

【要約&感想】<5分でわかる>ビジョナリー・カンパニー2 / ジム・コリンズ

ビジョナリー カンパニー 2

こうしたBHAGの満たすべき要素は、「困難だが実現不可能ではなく」「達成できたかどうかが誰の目にも分かりやすく」「そして何よりも、その達成をイメージすると、社員がたまらなく気持ちを鼓舞される」ものだと指摘されます。 00 投稿日:2010年04月26日 本書は、11社の大きく飛躍してその繁栄を継続している 企業が成功を収めたポイントを事例をもとに紹介している 本です。 本にも書いてありますが、偉大な企業になるためにリーダーに必要なことは、東洋的な考え(自分のことを考えるのではなく、会社のことを考える。 何がすごいかというと、飛躍的に成功した企業の過去30年 分の株式データから分析を行っていること、同じ業界の普通 の成功しか出来なかった企業との比較から劇的に成功する ポイントをまとめられていること、会社経営に本当に必要な ことが網羅されている、ことだ。 それぞれのテーマで、データからわかった意外な事実をあげているのが面白いで。 1-2. とても大切な要素が散りばめられている、と感じました。

次の

3分でわかる『ビジョナリー・カンパニー』「時代を超えて生き続ける永続企業8つの法則」

ビジョナリー カンパニー 2

最初に理念を伝えれば、相手も覚悟しますからね。 この書籍の中で、フォーチューン誌上位500社のCEOなど主要な大企業の経営者にアンケートを実施し、彼らが「ビジョナリー」であると考える企業の中から選りすぐりの企業が「ビジョナリー・カンパニー」として選出されています。 骨太の一冊。 もっと本質に迫りたい人向けの本だ。 企業と非営利団体の指導者に助言するコンサルタントとして活躍している 山岡洋一(ヤマオカヨウイチ) 翻訳家。

次の

優れた商品より優れた組織を作れ!ビジョナリーカンパニーとは?

ビジョナリー カンパニー 2

しかし、基本理念が強いビジョナリー・カンパニーでは、社員同士「当然、そんなの受け入れない」といった毅然とした態度で行われることとなります。 「針鼠」という概念の核心は、長期的に最善の成果を生み出す方法を明らかにし、この概念から外れる機会にぶつかったときに、「ありがたいが見送りたい」という答えが出せる規律を、きちんと持ち続けること。 また、飛躍した企業の指導者たちは、報酬面などで、自らに対して一番厳しく、役員、管理職と、立場が上の人物に対しても、一般社員よりも厳格な評価を行っていた。 第五水準の指導者を得ること• 直視しきれているとは言えない。 それは、ジム・コリンズが経営者という人にフォーカスしてデータを分析しているからでしょう。 目的=単なるカネ儲けを超えた会社の根本的な存在理由。

次の

【書評】ビジョナリーカンパニー【一貫した理念の徹底が偉大な企業をつくる】

ビジョナリー カンパニー 2

あとは、郵便料金メーターのピットニーボウズが日本の会社内にもおかれているくらいだろうか。 仕事をとおして成長していく、知佳子の姿にも注目です。 しかし、これらの要素が揃ったとき、普通の会社、そこそこの会社は、偉大なる会社へと変化を遂げることができる。 こうして、とりあえず「実験」を行うことの最大の効能を、本書では「なにより、従業員自身の力を発揮してもらうために、好奇心が常に刺激され、満たされるような環境を前提としている」という点が挙げられています。 外部環境が変わっても業務のやり方を大幅には変えない 具体的で整然としていて一貫したレシピ(やり方)を決め、それを何十年にもわたって適用し続けよう。 こうした背景から、企業でのマネジメントでは、「常に社員を不安定な状況におき、現状に満足しないようにする」ということを目指す意識が少なからず存在します。

次の