Lyrics プロローグ uru。 Uru プロローグ

プロローグ

lyrics プロローグ uru

Thank you all for visiting. 213• Before I knew it, all of those things are filling my view. 299• I have always wished I can understand the songs I listen to and I believe that there might me others who think the same. 1 1 2 27 2 4 44 1 1 11 32 1 4 36 1 1 3 5 6 905 2 9 1 2 1 1 3 4 900 1 1 2 1 2 1 1 19 65 2 1 43 1 1 1 1 18 4 3 3 1 1 2 1 1 147 2 1 16 182 3 1 9 1 1 3 1 1 1 1 15 3 1 2 1 1 2 912 1 7 59 1 1 138 1. Hope you enjoy your visit. PCからは直接購入・ダウンロード・試聴はできません。 That seemingly lonely back looks as if it's about to break. 作詞:Uru 作曲:Uru 目にかかる髪の毛と かきわけた指 壊れそうでどこか 寂し気な背中 頼りない太陽を 滲ませながら 微笑んだ その横顔 見つめていた いつの間にかその全て 視界に入ってくるの 心が波打つ痛みに どうして気づいてしまったの あなたを探してる 隠した瞳の奥で 誰にも見えぬように 行き場もなくて彷徨いながら あなたと見る世界は いつでも綺麗だった 空には一つだけ 淡く光る 小さな星が 残ってる 求めては突き放す 読めない心 見つめられる程に 嘘がつけない 力なく点滅する あの街灯を 見上げてた その横顔は 優しかった 破れそうに膨らんで 真赤に熟れた果実は 誰かの摘む手を待っている ねえ、それは 私だった あなたが溢れて行く 抑えた胸の数だけ 隠せない「始まり」を 次から次へ手の平に伝えていくよ 風は冷たいのに 染まった心は赤いままで あなたに触れたいと思ってしまった どうして二人出会ったの 痛くて苦しくて それなら見えないように どこかへ飛んでいけ そう思うのに あなたを探してる 何度も名前を呼んで 空には一つだけ 淡く光る 小さな星を 浮かべて me ni kakaru kaminoke to 目 に かかる 髪の毛 と kakiwake ta yubi かきわけ た 指 koware sou de doko ka 壊れ そう で どこ か samishi ki na senaka 寂し 気 な 背中 tayori nai taiyou wo 頼り ない 太陽 を nijima se nagara 滲ま せ ながら hohoen da sono yokogao 微笑ん だ その 横顔 mitsume te i ta 見つめ て い た itsunomanika sono subete いつの間にか その 全て shikai ni itu te kuru no 視界 に 入っ て くる の shin ga namiutsu itami ni 心 が 波打つ 痛み に doushite kizui te shimatu ta no どうして 気づい て しまっ た の anata wo sagashi teru あなた を 探し てる kakushi ta hitomi no oku de 隠し た 瞳 の 奥 で tare ni mo mamie nu you ni 誰 に も 見え ぬ よう に ikiba mo naku te urotsui nagara 行き場 も なく て 彷徨い ながら anata to miru sekai ha あなた と 見る 世界 は itsu demo kirei datu ta いつ でも 綺麗 だっ た sora ni ha hitotsu dake 空 に は 一つ だけ awaku hikaru chiisana hoshi ga 淡く 光る 小さな 星 が nokotu teru 残っ てる motome te ha tsukihanasu 求め て は 突き放す yome nai shin 読め ない 心 mitsume rareru hodo ni 見つめ られる 程 に uso ga tsuke nai 嘘 が つけ ない riki naku temmetsu suru 力 なく 点滅 する ano gaitou wo あの 街灯 を miage te ta sono yokogao ha 見上げ て た その 横顔 は yasashikatu ta 優しかっ た ware sou ni fukuran de 破れ そう に 膨らん で makka ni nare ta kajitsu ha 真赤 に 熟れ た 果実 は tare ka no tsumamu te wo matu te iru 誰 か の 摘む 手 を 待っ て いる nee sore ha watakushi datu ta ねえ 、 それ は 私 だっ た anata ga kobore te iku あなた が 溢れ て 行く osae ta mune no kazu dake 抑え た 胸 の 数 だけ kakuse nai hajimari wo 隠せ ない 「 始まり 」 を tsugi kara tsugi he tenohira ni tsutae te iku yo 次 から 次 へ 手の平 に 伝え て いく よ kaze ha tsumetai noni 風 は 冷たい のに somatu ta shin ha akai mama de 染まっ た 心 は 赤い まま で anata ni fure tai to omotu te shimatu ta あなた に 触れ たい と 思っ て しまっ た doushite ni nin deatu ta no どうして 二 人 出会っ た の itaku te kurushiku te 痛く て 苦しく て sorenara mamie nai you ni それなら 見え ない よう に doko ka he ton de ike どこ か へ 飛ん で いけ sou omou noni そう 思う のに anata wo sagashi teru あなた を 探し てる nan do mo namae wo yon de 何 度 も 名前 を 呼ん で sora ni ha hitotsu dake 空 に は 一つ だけ awaku hikaru chiisana hoshi wo 淡く 光る 小さな 星 を ukabe te 浮かべ て. 157• It was so clearly seen that I can't lie anymore. Even though the wind is cold, my dyed heart remains red. When I had thought that I wanted to touch you, why do we meet each other? The world I see together with you is always so beautiful. 113•。 It hurts, it's painful. What I search for is a cold heart I can't read. While the helpless sun was revealing itself, I gazed at that smiling face seen from the side. As if I could look over it, I just fly somewhere. I am searching for you, hiding inside my eyes. On the sky, only one faint light, the light from a little star, floats. On the sky, only one faint light, the light from a little star, remains. As if I can't see anyone else, I wander around aimlessly, don't know where to go. 170• Why do I finally understand that my heart beats fast in pain? 130• "The beginning" I can no longer hide, I'm going to convey it with my hands one after another. 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し どんな言葉で今あなたに そっと繋いだ手から愛を感じた 今どこにいますか 今日がいい天気で ねぇ大丈夫だよ言わなくても 君が今置いて行った言葉に 知らぬ間に増えた傷痕を 青く小さな心隠した手のひらの 目が覚めたら念入りにmake up イヤホンから流れてくる Please just say you love me 気がつくとまた目が覚めて 光のない道を手を繋ぎ歩いた 茜色に染まったこの街は 例えば誰かの膝の上で 気付いていた優しい嘘 Don't be afraid baby ゆらゆらゆらゆら 灰色の視界の中で Everywhere all the time 時には誰かを知らず知らずの 夜の闇に姿を溶かして耳を 二人で写真撮ることも 夕陽さえ背負う背中で 漂う宇宙のどこか遠く 目にかかる髪の毛とかきわけた 君のすべては君の心に やさしい言葉まっすぐに 手をつないで帰っていく 日暮れ前の小さな街で始まった のびた人陰を舗道に並べ 遠くを見てた灯台の下 夏の終わりを知らせるように これ以上何を失えば 寂しさ埋めるための相手なら. Uru mai Uru プロローグ Lyricist:Uru Composer:Uru 目にかかる髪の毛と かきわけた指 壊れそうでどこか 寂し気な背中 頼りない太陽を 滲ませながら 微笑んだ その横顔 見つめていた いつの間にかその全て 視界に入ってくるの 心が波打つ痛みに どうして気づいてしまったの あなたを探してる 隠した瞳の奥で 誰にも見えぬように 行き場もなくて彷徨いながら あなたと見る世界は いつでも綺麗だった 空には一つだけ 淡く光る 小さな星が 残ってる 求めては突き放す 読めない心 見つめられる程に 嘘がつけない Find more lyrics at 力なく点滅する あの街灯を 見上げてた その横顔は 優しかった 破れそうに膨らんで 真赤に熟れた果実は 誰かの摘む手を待っている ねえ、それは 私だった あなたが溢れて行く 抑えた胸の数だけ 隠せない「始まり」を 次から次へ手の平に伝えていくよ 風は冷たいのに 染まった心は赤いままで あなたに触れたいと思ってしまった どうして二人出会ったの 痛くて苦しくて それなら見えないように どこかへ飛んでいけ そう思うのに あなたを探してる 何度も名前を呼んで 空には一つだけ 淡く光る 小さな星を 浮かべて. That face seen from the side, which looked up at the powerlessly blinking street light, was so gentle. Hey, don't you know, it's me. But even though I think so... me ni kakaru kaminoke to kakiwaketa yubi kowaresou de dokoka sabishige na senaka tayorinai taiyou wo nijimase nagara hohoenda sono yokogao mitsumeteita itsunomanika sono subete shikai ni haitte kuru no kokoro ga namiutsu itami ni dou shite kizuite shimatta no anata wo sagashiteru kakushita hitomi no oku de dare ni mo mienu you ni yukiba mo nakute samayoi nagara anata to miru sekai wa itsu demo kirei datta sora ni wa hitotsu dake awaku hikaru chiisana hoshi ga nokotteru motomete wa tsukihanasu yomenai kokoro mitsumerareru hodo ni uso ga tsukenai chikaranaku tenmetsu suru ano gaitou wo miageteta sono yokogao wa yasashikatta yaburesou ni fukurande makka ni ureta kajitsu wa dareka no tsumu te wo matte iru nee, sore wa watashi datta anata ga afureteiku osaeta mune no kazu dake kakusenai "hajimari" wo tsugi kara tsugi e tenohira ni tsutaeteiku yo kaze wa tsumetai no ni somatta kokoro wa akai mama de anata ni furetai to omotte shimatta dou shite futari deatta no itakute kurushikute sore nara mienai you ni dokoka e tonde ike sou omou no ni anata wo sagashiteru Romaji me ni kakaru kaminoke to kakiwaketa yubi kowaresou de dokoka sabishige na senaka tayorinai taiyou wo nijimase nagara hohoenda sono yokogao mitsumeteita itsunomanika sono subete shikai ni haitte kuru no kokoro ga namiutsu itami ni dou shite kizuite shimatta no anata wo sagashiteru kakushita hitomi no oku de dare ni mo mienu you ni yukiba mo nakute samayoi nagara anata to miru sekai wa itsu demo kirei datta sora ni wa hitotsu dake awaku hikaru chiisana hoshi ga nokotteru motomete wa tsukihanasu yomenai kokoro mitsumerareru hodo ni uso ga tsukenai chikaranaku tenmetsu suru ano gaitou wo miageteta sono yokogao wa yasashikatta yaburesou ni fukurande makka ni ureta kajitsu wa dareka no tsumu te wo matte iru nee, sore wa watashi datta anata ga afureteiku osaeta mune no kazu dake kakusenai "hajimari" wo tsugi kara tsugi e tenohira ni tsutaeteiku yo kaze wa tsumetai no ni somatta kokoro wa akai mama de anata ni furetai to omotte shimatta dou shite futari deatta no itakute kurushikute sore nara mienai you ni dokoka e tonde ike sou omou no ni anata wo sagashiteru Original 目にかかる髪の毛と かきわけた指 壊れそうでどこか 寂し気な背中 頼りない太陽を 滲ませながら 微笑んだ その横顔 見つめていた いつの間にかその全て 視界に入ってくるの 心が波打つ痛みに どうして気づいてしまったの あなたを探してる 隠した瞳の奥で 誰にも見えぬように 行き場もなくて彷徨いながら あなたと見る世界は いつでも綺麗だった 空には一つだけ 淡く光る 小さな星が 残ってる 求めては突き放す 読めない心 見つめられる程に 嘘がつけない 力なく点滅する あの街灯を 見上げてた その横顔は 優しかった 破れそうに膨らんで 真赤に熟れた果実は 誰かの摘む手を待っている ねえ、それは 私だった あなたが溢れて行く 抑えた胸の数だけ 隠せない「始まり」を 次から次へ手の平に伝えていくよ 風は冷たいのに 染まった心は赤いままで あなたに触れたいと思ってしまった どうして二人出会ったの 痛くて苦しくて それなら見えないように どこかへ飛んでいけ そう思うのに あなたを探してる 何度も名前を呼んで 空には一つだけ 淡く光る 小さな星を 浮かべて. 知らぬ間に増えた傷痕を 指でなぞり前を向いた何よりも譲れないものを 灯し続けた歩みの証悔しかった弱さを殴った拳に 赤い決意を滲ませながら握り直した「行ける」描いた夢に届くまで二度と涙は見せないと誓ったあの日の揺るがない想い今こそ 放て同じ気持ちを持ち続ける 難しさに肩を落とし刃を向けては跳ね返る 自己嫌悪の波にのまれたそんな日々を支えてくれた人がい た時に見守り 時に導き 共に励んだ日々「必ず」形にして返すまで二度と弱音は吐かない と誓ったあの日の揺るがない想い今こそ 放て何度となく転んでは膝を擦り剥き歯を食いしばり笑われても 指さされても掴み取るべき栄冠があるから味わった悔しさは今も胸に生き続 生き続 ける歩む力に変えていけ描いた夢に届く日までは二度と涙は見せないと誓ったあの日の「頑な」を今こそ 放て負けるな ねぇ、大丈夫だよ言わなくてもわかってる長い間隣にいたんだからねぇ、そんな顔しないでよ私の方が悲しいよでも笑ってるのもなんか変だねでもさ、いつからかないつから離れていったのかなあの日コップを二つ買ってきた時は「可愛いね」って喜んでいたけどあれは嘘じゃないよねごめんね、責めるつもりじゃないんだけどさ朝と虫は苦手だったけど笑顔が可愛くて時々ちゃんと男らしくて夢中になると話を聞いてなくてもういいよって怒ったりしたけどそこも好きだったねぇ、これはどうしようかあなたが持っていてよいらなくなったら捨てていいからでもさ、二人で会うのは今日が最後になるのかなそんな風に思うとちょっとなんだかううん、全然寂しくないな次がうまくいったなら私のおかげだって思ってよね機嫌が悪いと面倒だったけど寝顔は愛しくて子どもみたいにはしゃぐくせに私が泣くと強く抱きしめてくれた思い出すのはもうやめよう料理も化粧ももっと上手になって綺麗になってあの時別れなければ良かったって戻ってきたいって言ったってその時私にはもうとっくに新しい人がいてあなたのことなんて忘れているんだから忘れているんだからここで今私 思い切り笑うからこの顔を綺麗にしまっておいてねさよなら 例えば誰かの膝の上で 魔法の薬を飲まされたって夢の続きを見るだけ ありもしないことは起きないんだって目覚めた時の虚しさを 君はもう知ってるでしょう?そんなことより僕と宇宙を見ようよ全て忘れてしまうほど壊れてしまうほど君が君じゃなくなるほど身を委ねて さぁ始めようspace in the space 君の中に この宇宙を浮かべてよspace in the space 君の中に この宇宙を拡げてよ例えばあれが無くても どれが無くてもきっと気付かなくてでも君がいなくなってしまう音には なんて敏感なんだ似た者同士と言わせて リアルな世界が生き辛くってもっと自由に 吐き出したいものが溢れているんだ本能のままに揺れ合って理性はとっくに失って君が望む最後にだって勝ってあげるよ 何度でもspace in the space 僕の中に その宇宙を浮かべてよspace in the space 僕の中に その宇宙を教えてよspace in 君が今置いて行った言葉に およぎながら追いつく君はまた「間違ってない」と言われる前にわかっていたのに濡れていた左の頬に 触れようと 伸ばした手を掃ったどうしてあの時伝えられなかったのだろう今やっと気づいたよ愛しくて溢れ出す 君を想う涙が この胸に広がって 必要だとわかった君がもしまだ僕を求めてくれるのならもう迷わない 今逢いに行くよ君が今 望んでいた言葉を 憂いながらつぶやく君がいない 乾いた空気が余計に僕を一人にしていく揺れていた 小さな肩に 触れようと伸ばした手を掃ったどうしてあの時 伝えられなかったのだろう今やっと気づいたよ愛しくて溢れ出す 君を想う涙が この胸に広がって 必要だとわかった君がもしまだ僕を求めてくれるのならもう離さない 今逢いに行くよ. You are overflowing just inside my supressed chest. I try to update the content as much as I can, depending on the real world situations. I started song translation in hope of sharing my love for music. The deep red ripe fruit, which has swollen so big as if it's about to break into pieces, is waiting for someone's hand to pick it. 目にかかる髪の毛と かきわけた指 壊れそうでどこか 寂し気な背中 頼りない太陽を 滲ませながら 微笑んだ その横顔 見つめていた いつの間にかその全て 視界に入ってくるの 心が波打つ痛みに どうして気づいてしまったの あなたを探してる 隠した瞳の奥で 誰にも見えぬように 行き場もなくて彷徨いながら あなたと見る世界は いつでも綺麗だった 空には一つだけ 淡く光る 小さな星が 残ってる 求めては突き放す 読めない心 見つめられる程に 嘘がつけない 力なく点滅する あの街灯を 見上げてた その横顔は 優しかった 破れそうに膨らんで 真赤に熟れた果実は 誰かの摘む手を待っている ねえ、それは 私だった あなたが溢れて行く 抑えた胸の数だけ 隠せない「始まり」を 次から次へ手の平に伝えていくよ 風は冷たいのに 染まった心は赤いままで あなたに触れたいと思ってしまった どうして二人出会ったの 痛くて苦しくて それなら見えないように どこかへ飛んでいけ そう思うのに あなたを探してる 何度も名前を呼んで 空には一つだけ 淡く光る 小さな星を 浮かべて Powered by この曲を購入する. Uru mai Uru プロローグ 作詞:Uru 作曲:Uru 目にかかる髪の毛と かきわけた指 壊れそうでどこか 寂し気な背中 頼りない太陽を 滲ませながら 微笑んだ その横顔 見つめていた いつの間にかその全て 視界に入ってくるの 心が波打つ痛みに どうして気づいてしまったの あなたを探してる 隠した瞳の奥で 誰にも見えぬように 行き場もなくて彷徨いながら あなたと見る世界は いつでも綺麗だった 空には一つだけ 淡く光る 小さな星が 残ってる 求めては突き放す 読めない心 見つめられる程に 嘘がつけない もっと沢山の歌詞は 力なく点滅する あの街灯を 見上げてた その横顔は 優しかった 破れそうに膨らんで 真赤に熟れた果実は 誰かの摘む手を待っている ねえ、それは 私だった あなたが溢れて行く 抑えた胸の数だけ 隠せない「始まり」を 次から次へ手の平に伝えていくよ 風は冷たいのに 染まった心は赤いままで あなたに触れたいと思ってしまった どうして二人出会ったの 痛くて苦しくて それなら見えないように どこかへ飛んでいけ そう思うのに あなたを探してる 何度も名前を呼んで 空には一つだけ 淡く光る 小さな星を 浮かべて. I am searching for you, and I call your name over and over again. なお、PCでダウンロードした曲は、Androidスマートフォン(タブレット)、iOSデバイス(iPhone、iPad、iPod touch)やウォークマン R などのポーダブル音楽プレーヤーに転送できます。 。 。 。

次の

Lyrics Translations: Uru

lyrics プロローグ uru

。 。 。 。 。 。 。

次の

プロローグ Lyrics Uru( mai Uru ) ※ opendata.viladecans.cat

lyrics プロローグ uru

。 。 。 。 。 。

次の

Lyrics Translations: Uru

lyrics プロローグ uru

。 。 。 。 。

次の

プロローグ

lyrics プロローグ uru

。 。 。 。 。 。

次の

Uruの歌詞一覧リスト

lyrics プロローグ uru

。 。 。 。 。 。

次の

Uru プロローグ

lyrics プロローグ uru

。 。 。 。 。 。

次の

プロローグ Lyrics Uru( mai Uru ) ※ opendata.viladecans.cat

lyrics プロローグ uru

。 。 。 。 。 。 。

次の