トレード オフ の 関係。 時間とお金は大切<<トレードオフの関係>>

「トレードオフ」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

トレード オフ の 関係

よく同義語だと勘違いされる「二律背反」 二律背反とは、法律の条文の中に、2つ一緒に見れば論理的に矛盾するが、それぞれで見れば正しいものが存在することを表す法律用語。 トレードオフ trade off : 何かを達成するのと引き換えに、何かを犠牲にしなければならない関係のこと 「トレードオフ」の意味を詳しく 「トレードオフ」とは、 2つの事象に関して、どちらも両立することができない関係のことです。 トレードオフの使い方• トレードオフの概念を理解できるか? 例文2. ここでは、「経済学」「生物学」における「トレードオフ」の使われ方や特徴について見ていきましょう。 日常でよくみる「トレードオフ」は次のようなことを意味します。 反対に減量を追求したい場合は食事を減らす必要があり、満腹感を得ることはできません。

次の

トレードオフとは

トレード オフ の 関係

トレードオフスライダーによって優先順位を可視化しておけば、1つの変化によって生じる影響やリスクを意思決定に関わるすべての人が認識できるようになります。 経済政策の目標には、完全雇用や物価安定のほかに、経済成長、社会資本の充実、所得と富の分配の改善、資源の有効な配分などがあるが、これらの目標の間にはしばしばトレード・オフの関係が生じる。 この状況はまさにトレード・オフ。 生物のジャンルでの「トレードオフ」のケース 鳥類の中には、飛べない鳥があります。 このような事態に備えるには、意思決定の基準となるものを可視化しておくことが重要です。 はっきり言って、この対策の方法や内容に関して、 最適解の予想は出来ても正解は今のところ存在しません。

次の

「トレードオフ」ってどんな意味? 〜リスクとリターンから運用商品を考える〜

トレード オフ の 関係

「trade」にネガティブな状況を示す「off」が後続していることに注目しましょう。 トレードタームズ トレードタームズとは、売主と買主で定型化された価格と使用される取引条件で、貿易条件という意味を持ち、貿易取引契約とも呼ばれています。 逆に目標を決めずに運用という大海原に出てしまうと、いつしか進路を見失い、やがてリスクという大波に飲み込まれてしまうことになりかねません。 遅い行動は弱腰に映りがちですが、であれば弱腰が日本の感染拡大を防いでいるという推論が成り立つというのもまた間違いのない事実。 土地を公営住宅として国民に提供するのか、公園にして子どもの遊び場を確保するのか、駐車場として保有するのか。

次の

時間とお金は大切<<トレードオフの関係>>

トレード オフ の 関係

なにせ、世界中が初めての経験をしている最中です、結果は出てみないとわからないのです。 おそらく、これが 世界に今まで経験したことのない不景気をもたらす可能性は高いと考えられます。 しかし、1700年代に活躍したイギリスの経済学者 アダムスミスが提唱したとされる経済学の希少性に、トレードオフも分類される事から、同年代かそれ以降に誕生したのではと推測できます。 トレード・シークレット 「トレード・シークレット」の意味は、会社の秘密情報で財産的な価値があるものです。 「トレードオフ」の意味は「両立できない関係」 「トレードオフ」の意味は包括的に言えば「両立できない関係」「得失評価」「代償」などになります。 今日も最後まで読んでいただき ありがとうございました。 優先順位を可視化できる「トレードオフスライダー」は、ソフトウエア開発者向けの書籍「アジャイルサムライ」で紹介された、プロジェクトの優先順位や判断基準を可視化するツールで、多くの開発プロジェクトで意思決定の基準として取り入れられています。

次の

「trade off(トレードオフ)」とは?意味と使い方を解説!|ワードバンク

トレード オフ の 関係

「二兎を追う者は一兎をも得ず」と間違えないで! 「両者をいっぺんに獲得・達成することはできない」という意味では、「二兎追う者は一兎をも得ず」とよく似ています。 一方でビジネスでは、登録した企業や団体だけが使用できる商標を指します。 私達は誰でも、生きていくうえで常に何らかの選択を行います。 虚偽なのは、「ラクして」叶うというもの。 これは、ニュージーランド生まれの 者アルバン・ウィリアム・フィリップスが発表したもので、2つの関係性を示す曲線は「フィリップス曲線」として知られており、トレードオフ曲線と呼ばれることもあります。

次の

「trade off(トレードオフ)」とは?意味と使い方を解説!|ワードバンク

トレード オフ の 関係

品質を高めようとするとどうしても工数がかかって人件費が増加したり、納期が遅くなったりします。 ただし、予算の関係などから「今日中に作って欲しい」などと無理矢理に頼まれた場合、どうしてもテストをする作業が減ってしまいバグも増える傾向にあります。 コストを下げようとすると、どうしても品質にはある程度妥協する必要が出てきます。 プロ野球の世界では、異なるチームで選手同士、または選手と金銭を交換することを「トレード」と呼びます。 ここで、大量生産して増益することと、借金をすることによる倒産のリスクは「トレードオフ」の関係になっています。 それは当然批判すべきで、 指摘するべきで、 抗議するべきで、 怒るべきなのです。

次の