ストリッパー クレーン。 ストリッピング力とスプリングの設計(プレス金型の設計 分断を利用した順送り金型の設計 その5)

クレーンの定義と種類

ストリッパー クレーン

ドライバー• 走行形の低床ジブクレーンは、走行する台車の上にローラパスを設置しています。 crane stability 3202 作業状態のもとで の安定度 荷の荷重,慣性力,風荷重,及びその他の要因に由来する転倒モ ーメントに抗するクレーンの性能。 Crab trolley frame 10 B 0146-1 : 2000 番号 用語 定義 対応英語(参考) 4508 ロープトロリ 巻上装置及び横行装置を別に設置し,ロープによって動作するト ロリ。 周辺・関連商品• 2 これらの部品は,ロープに恒久的に取り付けられておらず,容易に取り外しできる。 end carrige 4505 クラブ(トロリ) つり荷を横行させるためのアセンブリー。

次の

ジグストリッパー・スタンダードタイプ│サノヤス・エンジニアリング株式会社

ストリッパー クレーン

ダブルリンク式 ダブルリンク式引込みクレーンは、ジブを組合せた構造によってジブ先端のシーブが水平移動する仕組みで、荷揺れが少なく、高速での作業が可能なため、使用頻度の多い石炭や鉱石等の荷役及び重量物の運搬に使用されています。 重荷重(SWH)はばね常数は少し低いですが、たわみ量にはゆとりがあり、スプリング寿命は長くなります。 また、ケーブルクレーンの中には、橋形構造物にロープを張り渡し、そのロープを軌道としてトロリを横行させる橋形ケーブルクレーンがあります。 主に造船所のぎ装用として用いられる。 この空間の限界を 横切れるのは,荷扱い作業を行うつり具に限られる。 indicating device indicater 5116 警報装置 運転者が警報又は合図するための装置。 また、ふ頭における貨物船などの荷役に用いられるものは、船の出入りを妨げないよう、カンチレバが起伏するようにしたものが多い。

次の

ハンドツール

ストリッパー クレーン

spreader 4813 トング 荷をつかむつり具。 一般につり具はフックが用いられる。 巻上げ、巻下げ、起伏は可能ですが、旋回は2本脚の構造によって旋回角240度に制限されています。 用途は、一般の機械工場における機械や部品の運搬など、その範囲は極めて広い。 今後新 JIS を ISO に提案。

次の

ハンドツール

ストリッパー クレーン

slewing speed limiter 5206 巻上(巻下)速度 制限器 巻上(巻下)速度を停止又は抑制するための制限装置。 フック及びフォークについては支持面まで,その他のつり具につ いては,その最下点(閉じている場合)までとする。 スタッカークレーン stacker type crane スタッカークレーンは、直立したガイドフレームに沿って上下するフォーク等を装備し、フォーキング フォークの出し入れ によって倉庫の棚の荷を出し入れするために使用されています。 leg 4504 サドル 主として,天井クレーンにおいて走行車輪をもつ構造物。 テルハのうち、鉄道において、手荷物を積んだ台車などをつり上げ、線路をこえて運搬するために使用されるものは、特に跨線 こせん テルハと呼んで区別される。 【図2】は断面からのスプリング長さです。 ランニングコストがやすく短期間に償却できます。

次の

ハンドツール

ストリッパー クレーン

(2) 高脚 門形 ジブクレーン、片脚 半門形 ジブクレーン 高脚ジブクレーンは、低床ジブクレーンのローラパスを架構上に設けたもので、脚の間にトラックを通すことができ、走行する形式のものが多い。 巻上げ、巻下げ、起伏、全周旋回が可能で、転がり軸受けを設けたマストステップにより容易に旋回することができますが、ブームを起こしてガイロープをくぐるように旋回するため、ブームはマストより短いものを使用します。 コンパクトな設計で据え付け場所をとりません。 水平ジブに沿って横行するトロリの形式によりホイスト式、クラブトロリ式、ロープトロリ式に分けられ、水平ジブは旋回運動を行う。 工事の進行状況に応じてマストを継ぎ足し、旋回架構をせり上げることからクライミングクレーンと呼ばれ、工期の短縮に貢献しています。

次の

ハンドツール

ストリッパー クレーン

用途も、クラブトロリ式天井クレーンと同様である。 定置されていたり、あるいはレール上等の限られた範囲を移動する形式をクレーンとしており、その種類には天井クレーン、ジブクレーン、クライミングクレーン、橋形クレーン、ケーブルクレーン、アンローダ、テルハ、スタッカー式クレーン等があります。 5をもとにミスミカタログから適当なスプリングを探します。 着脱式つり具は,クレ ーンと取扱い荷重から容易に取り外すことができる。 走行する形式のものが多いが、固定形のものもある。

次の