ブルー バード sss r。 日産・ブルーバード SSS

「想い出のクルマたち:ブルーバードSSS

ブルー バード sss r

当時ブルーバードを販売するからは2000ccクラスの車種設定の要請が出ていたが、日産手持ちの主流エンジンにはこのクラスで適当な乗用車用直列4気筒エンジンがなく、本来なら適切なクラスであった系も、当時は元来の日産派が合併以前の旧プリンス派を冷遇していた社内事情から選択できなかった。 」であった。 全日本でもギャラン相手にかなり苦戦してたけど、チャンピオンは取っている。 で、結局、諸事情からSSS-Rに乗るハメになったわけ。 また、ではまで生産を行っていた。 更に初期のTVCMでは、ブルーバードのCM中の沢田を連想させる白スーツの男が噴水に落下するシーンを入れており、BC戦争の激化が表面化していた。 5月 - ブルーバードマキシマが「 マキシマ」として独立車種となる。

次の

ブルーバード(日産)の中古車

ブルー バード sss r

8L車は全車5速MT化。 2000GTシリーズ 直列6気筒2. 2月 - 中国市場においては生産・販売が終了しているが、事実上の後継車となる「ブルーバードシルフィ」G11型の登場により終了。 5月 - スポーツパック仕様車を追加。 - 「」に参戦するが、2台とも完走とはならなかった。 車種の特徴 「ブルーバード」は1959年に日産から販売が開始された車両です。

次の

日産・ブルーバード

ブルー バード sss r

8 SSSアテーサリミテッド 4WD• その理由に、• 5月 - 4ドアセダンをベースにした独特のスタイルを持つ工場製の5ドアハッチバックセダンモデルの「ブルーバード・オーズィー(HAU12型)」を同年8月まで限定発売(なおU12型はオーストラリアではR31型が初代となるの2代目でもあった)。 8 ルグラン• の場合は使用実績あり。 SSSシリーズには開発当初、用ののエンジンの搭載も企画されたが、当時日産はターボブームまっただなかということもあり、販売サイドの意向で見送られたという逸話もある。 - 全日本ラリー選手権Cクラスに参戦し、ドライバーズチャンピオンを獲得。 (U11型系ブルーバードマキシマの後継車、後にの)• LSDも前後にNISMOの機械式のほか、センターデフにもNISMOの機械式をブチ込んだ。

次の

日産・ブルーバード SSS

ブルー バード sss r

昭和末期から平成初期にかけての名車を紹介する。 9月 - 9代目と入れ替わる形で販売終了。 12月 - 510型系生産終了。 車重は4WDターボとしてはかなり軽い1230kgだったが、前輪軸重は860kg。 1983年の日産創立50周年を機に一新された米国のペンタグラム社が製作したロゴフォント を採用。

次の

「想い出のクルマたち:ブルーバードSSS

ブルー バード sss r

当時のポンティアックGTOにも似た2分割グリルのフロントまわりや、エラのように見えるフェンダーの意匠がどう猛な鮫(サメ)を思わせることから、いつしか「鮫ブル」のニックネームで呼ばれるようになった。 を積極的・能動的な四輪操舵とするならば、いわば受動的な四輪操舵機構であり、開発テーマの一つ「アコースティックな走り」実現に寄与していた。 0Lの仕様車が50年に適合。 0Lクラス)で27か月連続新車登録台数第1位を記録するなど、910型は510型以来の大ヒットとなった。 デアゴスティーニジャパン 週刊日本の名車第57号3ページより。 また、この車にはデュアルSRSエアバッグが全車に標準装備されています。

次の

懐かしの90年代ラリーベース、ブルーバードSSS

ブルー バード sss r

4ドアセダンは「」(初期はアルティマ)の名称で北米でも販売され、国内モデルよりも車幅が広く、細部が異なっていた。 直列4気筒SOHC L18型 1770cc を搭載した1800SSS発売。 「ラリーの日産」のイメージを確立する。 北米市場ではセダンが1990年-1992年と短命ながらもとして販売されていた。 同クラス初のピラーレスの4ドアモデルを追加。 10月4日 - ブルーバード生誕40周年記念車「1. AT車にシフトロック追加。 この車両は当初の兄弟車のカウルを装着していた。

次の

懐かしの90年代ラリーベース、ブルーバードSSS

ブルー バード sss r

0L 直6 1. 今でもまた乗りたいと思わせる車です。 310型系セダンはの形状から、「柿の種」の愛称があった。 2代目の生産台数は約52万台。 エキマニもステンレスのタコ足で、その筋では有名な伊藤レーシング製が標準だったのだ。 このマイナーチェンジを機にダットサン・ブルーバードからニッサン・ブルーバードへの名称変更が行われた。 FFはFRに比べへの反力や操舵力自体がやや大きいこと、登り勾配やフル積載では発進時のクラッチ操作がシビアとなることなどから、乗務員の負担が若干大きい。 6 FEサルーン• 10月 - 発売。

次の