経営 者 に なる ため の ノート。 経営者になるためのノート ([テキスト])

経営者になるためのノート ([テキスト])

経営 者 に なる ため の ノート

恐らく他の書籍でも同じことが言えるとは思いますが、その人の今の立ち位置、モチベーションなどによって響く部分が大きく異なるのだと思いました。 55 上を目指して学び続ける この本を通じて最も印象に残った一節がありますので、引用しておきます。 柳井さんが何十年もかけて、経験し、学んできたエッセンスをほんの160ページくらいで学ぶことができます。 部下の成長機会を奪っている• 買うか迷っている方や、今すぐ結果が出るノウハウを求めている方には向きませんので、『』を聴かれると良いと思います。 おはようございます。 僕は何冊もビジネス書を読んできました。

次の

【マコなり社長も推薦】経営者になるためのノート(柳井 正)の感想

経営 者 に なる ため の ノート

かえってそんな経営の悪循環を招きかねないのです。 信念、大切な価値観、追っかけているもの、こういったものが、ぶれない、変わらない• 自分がそれを偏愛できるかどうか、それに尽きる• (中略) このノートを踏み台にして、あなたに柳井正を超えていってもらうこと、それが私の心からの願いです。 中略 このノートを踏み台にして、あなたに柳井正を超えていってもらうこと、それが私の心からの願いです。 各ページの周りはノートのように罫線が引いてあり、自分が気づいたことや心に留めておきたいことを書けるようになっています。 これを、日々の目標として、続けて行こうと思う。 しかし現在は、 百均のクオリティーが世界の標準と言われるまでメキメキとクオリティーを上げ、世の中の物のほとんどが、 Made in Chinaです。 その結果、分散として作ったものは結局ロスとなり、かつ、効率が悪いのでコストも余計にかかって。

次の

『経営者になるためのノート ([テキスト])』(柳井正)の感想(41レビュー)

経営 者 に なる ため の ノート

特に、 手の届く目標では、達成の為に既存の延長線の発想しか出てこない。 ここで言う 危機感とは、常に自問自答することであり、自分はできていると思わないようにすることです。 やらないことがリスクならやるべきだし、そうでなかったらやらなくてよい• これがこの本に備わっている 魅力だと感じました。 会社は 『お客様のため』のものです。 本教材はおそらく初めての試みで、古市先生自身が欲しい教材、です。 正直、本教材をリリースしてもパイは小さいので古市先生は儲からないと思います。

次の

経営者になるためのノート

経営 者 に なる ため の ノート

売上げがたった143億円の1992年のとき、柳井氏は 真顔で「僕はギャップ(GAP)を超える会社を作ろうと思っている」(同著172ページ)とおっしゃったそうです。 85ビュー• あなたバカじゃないの! 柳井さんは、かなりの数の事業を失敗されてきたそうです。 だけど、この1,200円の本に、売上げ2兆円超え、アパレル業界世界第2位(経常利益で比較)の成功哲学が詰まっているのに、、、。 要は、ユニクロの門外不出の 成功の虎の巻だったのです。 変革する力 ーイノベーターー• 中略 このノートを踏み台にして、あなたに柳井正を超えていってもらうこと、それが私の心からの願いです。

次の

経営者になるためのノート(柳井正)

経営 者 に なる ため の ノート

売り上げは気にせず、本当に話したかったことを話されたからだと思いますが、今までの教材で一番熱い想いを感じました。 単に知識量を増やすだけの「お勉強」には意味がありません。 ・個人はもちろん、チームの力も上がる。 『家計の支出構造を見直して質素倹約生活を送る』『年間数千時間のインプットで5年後に日常会話を話す』など、大変そうなフレーズになってしまいます。 77ビュー• 今回も非常に良いタイミングでリリースいただき、ありがとうございました」H. 「経営者になるためのノート」(柳生正著)P. さて、この本で「いいね!」と思ったのはこちら。

次の

経営者になるためのノート

経営 者 に なる ため の ノート

使い方は人それぞれだと思いますが、 私は会社の目標設定・成果面談のときに「経営者になるためのノート」を使おうかと思っています。 (1)責任は全部上司の責任である。 すでに読んだ方は、もう一度読み返してみてください。 アメリカだとNetflixの売上げ1. 総じると、使命感を元に高い目標をたてた上で、その成果を追求し、自分たちが本当によいと思うものをお客様に提供し続けて、周りとの信頼関係を高めていく、という、とても当たり前のことを愚直に続けていくことが大事で、そこに近道はなさそうな気がします。 どんどん線を引き、どんどん書き込み、たくさん汚して下さい。 また、稲盛和夫さん系の本にでてくるような 道徳的、哲学的(宗教的?)な思想による記述は少なく、 経営者に求められる考え方や心構えをより具体的に、 鋭い観点で提示しているような印象を受けました。 あなたは、言ったこと、約束したこと、思ってることの最大の実践者ですか?• 信頼関係を作るために大事なこと• 気づいたことがあれば書き記す• 仕事とどんな気持ちで向き合っていけばいいんだろうか?」僕も社会人2年目を迎えて、同じよな思いを抱えています。

次の